« プリウスの燃費5 | トップページ | 道具として生きる水俣の青物 »

二代前田竹房斎展の図録が販売されてます。

 昨年の年末に、堺市博物館で開催された「第7回堺市所蔵美術作品展 人間国宝 二代前田竹房斎」(平成17年12月3日(土)~25日(日))を見学してきたという話をしました(見学レポート)。 展示されていた二代目の前田竹房斎の繊細な細いヒゴで編み出す世界は、美しく、眺めていても飽きません。また、初代の地下茎の自然な曲がりを使った作品も力強く、自然に竹が絡み合い、籠を形作ったようにも見えます。
 私は手元に、この籠たちを置いておきたくて、実物の迫力はないですが、図録を購入しました。この前、堺市博物館のサイトを閲覧してみたら、この図録が通販されていました。関心のある方、関心はあったが、展覧会に行けなかった方はご購入してみてはいかがでしょうか。

 特別展図録等の販売(http://www.city.sakai.osaka.jp/hakubutu/zuroku.html
 

|

« プリウスの燃費5 | トップページ | 道具として生きる水俣の青物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8119895

この記事へのトラックバック一覧です: 二代前田竹房斎展の図録が販売されてます。:

« プリウスの燃費5 | トップページ | 道具として生きる水俣の青物 »