« 道具として生きる水俣の青物 | トップページ | プリウスの燃費6 »

また、黒竹輪弧口花籠です。

PICT0116  親戚にあげようと思って、また同じ籠ですが、編んでみました。以前紹介したのと同じ種類の籠です。

 この籠は今までに、5つ作りました(ヒゴを購入して作った物が2つと自作が3つ。)。先生が作った材料で作った籠は同じような形に仕上がるのですが、自分で材料から作った物は、どうしても同じようになりません。この籠も、最初の寸法を若干間違った物があり、長さが足りなくなったため、手引き書通りではないため、少し小さくなってしまいました。こぢんまりして、これはこれでかわいくなったかなと思っています。

 同じ形の物ができないのも味があっていいのかもしれませんが、同じように作ろうと思ってもできないのは、やはり技術的に未熟だからでしょうか。
 どうも、ヒゴ作りに問題があるのかもしれません。

|

« 道具として生きる水俣の青物 | トップページ | プリウスの燃費6 »

コメント

とても素敵な花籠ができましたね!
色合いといい、丸みがなんともかわいい!!!
竹を編むのは、製作工程にご苦労がおありの様で、それだけに愛着ある作品に出来上がっているのが伺えます。

近隣には『竹取物語』にちなんだ”竹取公園”やタケノコの産地の竹山、竹林も多いのでよく訪れます。
青竹を割った器に和え物とか、タケノコご飯を盛って食してみたいと思っているんです。

投稿: キッコ | 2006/01/18 23:03

 ありがとうございます。私もこの籠が好きです。口の処理が複雑そうに見えて、簡単なので…。
 この竹は黒竹と言って、元々黒い色の竹なのです。粘りがあって細工しやすいということです。

 掲載した写真は、親戚にあげるため、手放すので記録のために撮影ものです。下に引いているのは、風呂敷です。ん?よく見たら風呂敷の模様がちらり…。しっぱいだ。

投稿: 幸雲 | 2006/01/18 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8152170

この記事へのトラックバック一覧です: また、黒竹輪弧口花籠です。:

» すてきな竹工芸品見つけました!! [キッコの趣味悠々]
とてもすてきな竹細工を製作している方よりトラックバックして頂きました。みなさんも [続きを読む]

受信: 2006/01/18 13:54

« 道具として生きる水俣の青物 | トップページ | プリウスの燃費6 »