« レターラック | トップページ | 青海波編みの掛け花籠 »

ヒゴの幅引きについて

この前、ヒゴの作り方についての話題がありました。「竹の縁巻きの技
おしめさんのHPの掲示板でもこの話題は深まりつつあります。

 さて、今日、近藤先生に直接お会いする機会がありました。せっかくなので、幅引きするときの小刀の角度はどれくらいがいいのかを質問してみました。すると、角度はうまくできるところを自分で見つけるしかないとのことでした。

 それは、作る材料の厚さや、小刀の切れ具合などによってもうまく引ける角度は変わってくるためということでした。
 他に参考になる点としては。
 ・厚めの材料の場合は角度をすこしつける。
 ・ナイフはあまり切れすぎてもうまくいかない。
 ・幅引きする前のヒゴの幅は、目的とする幅よりも少しだけ広くしておく。広すぎるとうまくいかない。

 やはり、うまくいく方法を模索して練習するしかないということのようですね。

|

« レターラック | トップページ | 青海波編みの掛け花籠 »

コメント

先日はありがとうございます
楽しい時間を過ごせました
巾引きナイフの使い方で、

・厚めの材料の場合は角度をすこしつける

硬めの材料は・・・・・・
ですね。

投稿: 駒ノ旺の住人 | 2006/03/03 19:04

先生。訂正ありがとうございました。

投稿: 幸雲 | 2006/03/03 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8850623

この記事へのトラックバック一覧です: ヒゴの幅引きについて:

« レターラック | トップページ | 青海波編みの掛け花籠 »