« 筍の生長2 | トップページ | 寒い一日。 »

なんだ!?この筍は!!

PICT0126  こんな筍を見たことがありますか?よく見て下さい。普通の筍と違うのがよく分かると思います。筍の右の方に根が見えます。皮の下から緑色になった筍の株が見えます。そしたら先はどこへ????

 なんと、先端は左側で地中に潜っているのです。このまま竹になるのか、そのまま腐ってしまうのか… もしかしたら地下茎の様になるのかも。でも、どうなるのかは、もうわかりません。掘ってしまいましたから。掘ったけど、株のところが緑になってしまい竹になりかけて、堅かったので捨ててしまいました。

 このように丸まった筍は、筍掘りの終盤(ゴー ルデンウィーク頃)に、たまに見かけます。

|

« 筍の生長2 | トップページ | 寒い一日。 »

コメント

我が家の庭には裏の畑から竹が入り込んで、春の孟宗から梅雨時の淡竹・真竹まで竹の子がニョキニョキ顔をだします。

成長中の地下茎の先端(竹の子)が時々地面に顔を出す事がありますが、写真の竹の子君は地下茎のようには見えませんね、どうしたんだろう?

投稿: ばんみ | 2006/02/02 23:26

ばんみさん。ようこそ。
いろんな竹が庭に生えてくるんですね。ばんみさんのブログで畳からはえてきたという話をきいておどろきました。
http://soto.air-nifty.com/forest/2005/06/post_26b2.html
まるで、良寛さんの話みたいですね。

あの、丸くなって地中へ潜るような形の筍はゴールデンウィークに、たまに見つけるのです。(この筍の撮影日は2003.5.5)
このころになると、地下茎につながっている筍で元気がいいのがあると、栄養が行き届かず生長せずに腐ってしまう筍もあります。それと同じように、栄養の関係か、なにか生理的な影響で地中に潜るのではないかという推測をしています。とはいっても、もうすでにこの筍は掘ってしまったので、確かめることもできませんが。ご存知の方教えてください。

投稿: 幸雲 | 2006/02/03 22:09

はは、畳の間から芽を出しているのを見つけたときは力が抜けてしまいました。
明日、植物については師匠と仰ぐ方と会うので竹にも詳しいかは解りませんが、筍の事聞いて見ますね。

そうそう、リンクをして頂いてありがとうございます。
こちらからもリンクさせて頂きました。
興味はあれども中々踏み込めない竹工芸の世界を堪能させていただきます。

投稿: ばんみ | 2006/02/04 00:38

 床下から生えてくるということは、地下茎が回っているということだから、なかなか気が抜けませんね。竹はコンクリートでさえ割って持ち上げる力持ちですので。笹ならいいですが、孟宗竹の筍が生えてきたら床を持ち上げてしまいかねません。

 勝手にリンクしててすみません。竹やドングリなどの工作の話題がおもしろくて、リンクさせていただきました。
 竹工芸は私はまだまだ初心者です。このブログを通じて先輩方とも知り合うことができました。そちらの方のHPも是非ご覧になって堪能していって下さい。

投稿: 幸雲 | 2006/02/04 07:44

曲がり筍の事聞いて見ましたが、やはり専門ではないため、なぜ地中へもぐるのかは解らないそうです。
面白い現象なので気長に調べてみますね。

投稿: ばんみ | 2006/02/06 22:40

 ばんみさん。調べて頂いたようでありがとうございます。わかりませんでしたか。
 今年の春に、また見つけたら、また報告します。その時にはもうちょっと観察してみます。

投稿: 幸雲 | 2006/02/06 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8456432

この記事へのトラックバック一覧です: なんだ!?この筍は!!:

« 筍の生長2 | トップページ | 寒い一日。 »