« 青海波編みの掛け花籠 | トップページ | 六ツ目籠2 »

六角形の掛け籠

PkagoNo7  教材番号7番の「六角形の掛け籠」です。花籠として掛けて使っても、置いて使ってもよいとのことでした。でも、変わった形なので、どう使った物かなかなか難しいので、壁に掛けておいたらこのような状態になっています。 一度、花を飾らねばいけませんね(笑)。
 実際のところ、この籠は作るのも難しかったです。特に、口の部分。丸籐をろうそくであぶって口のサイズに合わせて六角形に曲げ、さらにそれを小刀で半分に割るのです。この作業が難しかったです。

|

« 青海波編みの掛け花籠 | トップページ | 六ツ目籠2 »

コメント

六つ目編みが二重になっているのでしょうか?なんか面白いカゴですね。ぬいぐるみが顔を出しているのがかわいいですよ!

投稿: 水俣のカゴ屋 | 2006/03/01 23:11

ぬいぐるみ、かわいいですか(笑)。でも、先生がこの籠の姿をご覧になったらなんとおっしゃるか…。まぁ、どう使おうと使う人の感性…きっとそうです。そう思っておこう(^^)

この籠は、六ッ目籠の上部を底と同じように角で五角形をつくって上部を覆っていくように作っています。

投稿: 幸雲 | 2006/03/02 21:39

次々と作品が出来上がりますね。
六角形の形を見ただけで、角を出すのが苦心され難しそうですね!!
竹本来の艶も見られるようで、素晴らしいですね!!

投稿: キッコちゃん | 2006/03/03 03:15

キッコさん。この籠はなかなか難しい籠でした。でも、あまり大きな声では言えないのですが、新作がなかなかできないので、過去の蓄積を紹介しています(^^:)。そのうち新作も紹介できるようにがんばりますね。

投稿: 幸雲 | 2006/03/03 21:39

 おしめさんより、次のようなコメントを頂きましたので、こちらでコメントしておきます。

http://kounsai.cocolog-nifty.com/bamboo_baskets/2006/02/post_8f58.html#comments
それよりまして、六角形の籠の画像、
なんとも微笑ましく笑わせていただきました。

名前: おしめ | March 5, 2006 01:55 AM

----------------
レターラックのぬいぐるみもそうなんですが、置き場がなくなったぬいぐるみが入れられてしまいました。六角形の掛け籠に入っているのは某有名ハンバーガー店の粗品です。最初は籠の底に入っていたのですが、檻に入れられているようなのでこのようになりました。

しかし、水俣のカゴ屋さんといい、おしめさんといい、この写真、意外に評判いいなぁ。

投稿: 幸雲 | 2006/03/05 10:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8898816

この記事へのトラックバック一覧です: 六角形の掛け籠:

« 青海波編みの掛け花籠 | トップページ | 六ツ目籠2 »