« 六角形の掛け籠 | トップページ | ずっと使いたい、和の生活道具 »

六ツ目籠2

pkagoO7  今回は、自作の籠を紹介します。口径6.5cm、高さ6.5cmというサイズの六ッ目籠です。黒竹輪弧口花籠を作る時にヒゴとりで失敗した材料を細かく割いてヒゴを作り直して作りました。見たことあると思われる方がおられるかもしれませんね。実は以前に紹介した籠の兄弟です。

 これは、自動車のカップフォルダに入れて小銭入れとして使うために作った籠です。ただ、失敗でした。口のサイズが少し小さく、指が底に届かないのです。そのため片手で小銭をとり出しにくいのです。次に作るときには高さを低くするか、口を広くするかしなければと思っています。
 さて、この前、軽い事故をしてしまい、車を修理に出すため、この籠も家に持って帰りました。放置しておいたら妻が花をかざりました。

|

« 六角形の掛け籠 | トップページ | ずっと使いたい、和の生活道具 »

コメント

ヒゴ取りに失敗してもなお”メゲナイ”その精神は立派です。
私なら、途中で投げ出していると思います。
 今私は、新しい分野を開拓しようともがいている最中です。
合掌造りから一時離れ、何か出来ないかと作っていますが、なかなか思うようにはなりません。
むずかしい!!

投稿: 大政 | 2006/03/05 09:04

 大政さん。そんなに立派な精神でもないんですよ。実は…。
 
 貴重な竹材を無駄にしたくなかったという、はやりの言葉でいえば「もったいない精神」で、低俗な言葉でいえば”せこい”精神で材料をさらに細かく割いてみただけなんですよ。

投稿: 幸雲 | 2006/03/05 11:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8935602

この記事へのトラックバック一覧です: 六ツ目籠2:

« 六角形の掛け籠 | トップページ | ずっと使いたい、和の生活道具 »