« 矢田寺探訪 | トップページ | プレゼント用に・・・と思い立ち。 »

水無月の頃

 ここ数日、とても暑くなりました。今日、仕事の用事で自転車で京都市内を走っていました。そうしたら、街角にあるどんな小さな和菓子屋さんでも「水無月」が販売されていました。もうそんな季節なのだなと思いました。

 京都では、6月30日にこのお菓子が食べられます。元々、貴族が氷室に囲ってあった氷を食べるという風習があったそうですが、一般庶民には手に入りません。そこで氷に見立てたお菓子を作ってこれを食べるようになったそうです。
 暑さが厳しくなるこの季節。体調を崩すことも多いこの季節。「夏越祓(なごしのはらえ)」で邪気を追い払い、涼を感じるお菓子を食べる。クーラーなどない時代の人々の知恵ですね。

 水無月を買って帰り、休憩時間に食べようかと思ったのですが、財布を持って出るのを忘れてしまったことに気づきました。悔やまれました。

|

« 矢田寺探訪 | トップページ | プレゼント用に・・・と思い立ち。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/10740886

この記事へのトラックバック一覧です: 水無月の頃:

« 矢田寺探訪 | トップページ | プレゼント用に・・・と思い立ち。 »