« 生誕120年 藤田嗣治展 | トップページ | アメリカ産牛肉解禁に思う。 »

祇園祭(宵山)

Naginata  祇園祭の山鉾巡行は17日に行われました。宵山の16日、私と妻は藤田嗣治展に行っていました。せっかくなので、雰囲気だけでも見に行こうと四条通り界隈を通って帰ることにしました。そして、妻が、私のお気に入りの鯉山がどんなのかをみたいということだったので、人混みをかき分けて行くことにしました。(鯉山についてはまた改めて)
 
 すでに、祇園囃子が鳴り響いていました。人混みの中写真を何とかとりましたが、鉾に近づくにつれてそれすら難しくなってきます。すさまじい人混みです。歩行者専用となった四条通では長刀鉾付近で全く動かなくなりました。おそらく、誰かが後ろでこけたら必ず将棋倒しとなるだろうと身の危険を感じるほどの混雑です。
 
 この人混みの中、小学生がフランクフルトなどを食べてうろうろしています。服につけられないかと気が気ではありませんでした。なんとか長刀鉾界隈を抜け出しまし鯉山を目指しました。
 いたるところに夜店が出て、若者はいたるところにゴミを散らかしていました。自ら出したゴミがどうなろうと自分たちが良ければよいという身勝手な人間が増えていることを感じました。こういうのを見るとがっかりします。

 さて、山に飾る人形は、町会所の奥に祀られています。地蔵さんなども祀られて山鉾町の子供達がはやし歌でろうそくを売っています。ここではちまきや、お守り、手ぬぐいなどのグッズが販売されています。近隣の町屋は格子窓を開き、企業なども屏風などの美術品を展示しています。山鉾町全体が美術品の博覧会となっています。鉾を見て回るのはまるで、万博のパビリオンを回っているような楽しさがあります。

 宵山も生憎の雨でしたが、祭の雰囲気は十分に楽しめました。でも、宵山はつかれます。

|

« 生誕120年 藤田嗣治展 | トップページ | アメリカ産牛肉解禁に思う。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/11000753

この記事へのトラックバック一覧です: 祇園祭(宵山) :

« 生誕120年 藤田嗣治展 | トップページ | アメリカ産牛肉解禁に思う。 »