« 外食産業は使うという発言 | トップページ | 秋の気配 »

雷雨

 京都市内は昼間に集中豪雨が降りました。ちょうど、昼食後、午後からの外回りの仕事に備えて準備をしました。そうしているうちに、急にあたりは暗くなってきました。もともと節電で昼休みは照明が消えているで、夕方の様な暗さです。

 やがて、遠くからごろごろという音が聞こえてきました。昼前に自転車ででてもいいかと思っていたのですがやめて正解でした。地下鉄の駅まで歩く間に雨にあいそうだったので、周りに声をかけると車で出張する人がおられました。お願いしたら駅前でおろしてもらうことになりました。

 そうこうしているうちに、稲妻と雷鳴が轟きはじめました。ほとんど同時です。車で出かけたらすぐに大粒の雨。ワイパーが全くききません。駅前で歩道に降りると低いところではまるで小川のようになっています。途中で雨に降られた人は足元が水浸しになって嘆いておられました。

 目的地までは15分ほど。雨が降っていないことを願いました。地下鉄に上がると見事雨が上がっていました。ここではそんなに降っていないのかもしれませんが。後で車で送ってくれた人にたずねると、北の方に上がっていったら道がだんだん乾いていったということでした。本当に一部の雨だったようです。

 雨のあと涼しくなるかなと思ったら、晴れだしてむしむしととても暑い午後となりました。でも、大阪や奈良の方では警報が出ていたようです。局地的な雨とはこのような雨の事なんでしょうね。

|

« 外食産業は使うという発言 | トップページ | 秋の気配 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/11563868

この記事へのトラックバック一覧です: 雷雨:

« 外食産業は使うという発言 | トップページ | 秋の気配 »