« 制度制定50周年記念 人間国宝展 | トップページ | 虫の話。 »

「ガーゼ付き救急絆創膏」って何?

 毎日新聞(2006.9.20)に「ガーゼ付き救急絆創膏」の呼び方に方言があるという記事が載っていました。面白かったので紹介します。
 「ガーゼ付き救急絆創膏」は商標名が一般名のような使われ方をして、ある地域では通じるのに別の地域に行くと通じないという特色を持った代表選手のようです。
 調査を行った東京女子大の篠崎晃一教授(社会言語学)が1995年に行った調査をもとにして一番浸透している分布図が載っていました。
 サビオ:(スウェーデンのメーカーとライセンス契約(1963(昭和38年)ニチバン、1975年(昭和38年)ライオン)→2004年(平成14)製造中止
     北海道、和歌山、広島
 カットバン:(祐徳薬品工業。本社佐賀)
     東北地域、山梨、中国四国地方(香川、徳島、広島除く)、長崎、鹿児島
 バンドエイド:(ジョンソン・エンド・ジョンソン)
     関東地域、岐阜、愛知、三重、近畿地方(奈良、和歌山除く)香川、徳島
 ばんそうこう
     静岡、長野、新潟、
 キズバン
     富山
 リバテープ:(星子旭光堂(現リバテープ製薬)、本社熊本)
     奈良、九州地方(長崎、鹿児島除く)

大体このようになっていました。

 広く浸透しているのはバンドエイド。日本に入ってきたのが1959年(昭和34年)。調査時点でコマーシャルをしていたのがバンドエイドだけでメディアの影響が大きいようです。リバテープは1960年(昭和35年)に熊本の老舗メーカーが発売。熊本での認知度100%。九州では佐賀に本社が有るメーカーのカットバンも有名。サビオは商品がなくなっても定着している珍しい例らしいです。

 私の生活圏の京都、大阪、奈良界隈ではバンドエイドが多いかな。病院ではカットバンと言っていました。しかし、私は子供の頃はリバテープでした。でもこれは近所でも一般的ではなかったもしれません。なぜリバテープかというと、我が家には定期的に「置き薬」の売薬さんが回って来ていて、そこの商品に入っていたのが「リバテープ」でした。おそらく、奈良の薬メーカーだったんでしょうね。奈良、富山が地域でぽつんと別の呼び名が普及しているのも、置き薬のメーカーが多い地域であったからでしょうね。たぶん。

商標名が一般名となっているのは、ホチキス、サランラップ、宅急便など沢山あるそうです。

新聞記事には他にも、「赤ちゃんの夜泣き薬」は東では「宇津救命丸」東では「樋屋奇応丸」でどちらも商標名が一般名化。「画鋲と押しピン」「汁粉とぜんざい」「今川焼きと回転焼き(別名多数)」省略名としてマクドナルドが「マックとマクド」、「試験に出る英単語」が「でる単としけ単」。
局地的な例として中部、近畿ではコーヒーに入れるミルクを「フレッシュ」。関西一部年配男性はアイスコーヒーを「レーコー」。鶏肉を近畿、九州などは「かしわ」、鹿児島では黒板消しを「ラーフル」

まぁ、いろいろとありますね。皆さんの地域ではいかがでしょうか。

|

« 制度制定50周年記念 人間国宝展 | トップページ | 虫の話。 »

コメント

幸雲さん こんにちは!

へぇ~面白いですねぇ
呼び方が地区によって違うなんて!
やっぱり「ばんそうこう」ですよ、私の場合

そういえばコンビニの店名
そちらではなんて呼びますか?
サークルK→まるけい
セブンイレブン→セブン
こう呼んでいるのは静岡でも
一部の地域かもしれませんが・・・

あと、コーヒーに入れるミルクは「ミルク」です
(うちではクリープしか使わないので
ミルクと言わずにクリープとそのまま呼びます)

投稿: こまち | 2006/09/30 15:34

こんにちは。私もその記事見ました。
面白いですよねー。
鹿児島では、やはり「カットバン」です。
リバテープ位だったらなんとなくイメージがわきますが、サピオって?びっくりです。
いろいろあって面白いですね。

黒板消しの「ラーフル」も使ってました。
鶏肉も「かしわ」ですが、他では言わないのね・・・
しらなかったです。

サークルKも、セブンイレブンも鹿児島には無いよー(泣)悲しい~

投稿: しの | 2006/10/01 16:45

 こまちさん、しのさん。コメントありがとうございます。お二人とも新聞記事の結果と一致しているということはやはり、記事の内容には信憑性がありますね。
 その2つのコンビニは省略しませんね。省略するのは「ファミリーマート」を「ファミマ」という位かなぁ。
 「フレッシュ」というのは使いますね。何が「フレッシュ」かよく分かりませんが。「コーヒーフレッシュ メロディアンミニ」とかいう商品があったなぁと思って検索してみたら、大阪の会社の商品でした。http://www.melodian.co.jp/company/history/index.html
 粉のタイプのミルクは「クリープ」と言ってしまいます。これも商標名が一般名となってますね。「ホチキス」「サランラップ」「宅急便」も普通に使っています。他に「ママレモン」とかもこの部類ですね。。

 身の回りには「サビオ」って言っている人もいたなぁ。これも極少数派。現在となっては使っている人がいないかもしれません。「サビオ」は一時、テレビCMがあったように思います。

 「かしわ」は近畿だけかと思っていた。鹿児島でも使っていると知って驚きました。ちなみに、私が育った地域では、すき焼きと言えば「かしわ」でした。昔は何か祝い事など人が集まることがあると、鶏をつぶして食べたというなごりなのかもしれません。ついでに言うと、すき焼きには筍を入れるととてもおいしいので、お試し下さい。

 黒板消しの「ラーフル」も全く聞いたことがありませんでした。検索してみると詳細に考察されておられる方がおられました。チェックしてみてください。(http://www.osumi.or.jp/sakata/hougen/raful.htm#1)

投稿: 幸雲 | 2006/10/01 19:27

同じ記事を読みました(笑)
うちでは「バンドエイド」と「宇津救命丸」です。
地域ごとに呼び方が違うのも面白いですよね。

投稿: ばんみ | 2006/10/02 01:03

すき焼きに筍は入れたことないです。
今度食べるときには試してみますねー。

投稿: しの | 2006/10/02 06:40

ばんみさんは、関東地方でしたっけ?こっちは「ひやきおうがん」です。テレビCMの歌が頭にこびりついています。

しのさん。すき焼きに水煮にした筍をスライスして入れるとおいしいですよ。

ところで、ふと思ったのですが。
メロディアンミニは全国的な商品なのでしょうか。コーヒーフレッシュという肩書きが付いているのに、フレッシュが通じないとなると関東エリアでは別の商品が流通しているのかもしれませんね。

投稿: 幸雲 | 2006/10/02 23:08

どこへ行くにも東京に出ないと始まらない千葉生まれの千葉育ちです。(笑)

コーヒーフレッシュは家ではあまり使わないせいか普通にミルクとか生クリームとか呼んでます。(うちだけかな?)

投稿: ばんみ | 2006/10/05 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/12093140

この記事へのトラックバック一覧です: 「ガーゼ付き救急絆創膏」って何?:

« 制度制定50周年記念 人間国宝展 | トップページ | 虫の話。 »