« 年末のご挨拶 | トップページ | しめ縄2 »

しめ縄かざりました。

Shimenawa2007 ちょっと早いですが、しめ縄をかざりました。

皆様良いお年を。

|

« 年末のご挨拶 | トップページ | しめ縄2 »

コメント

幸雲さんあけましておめでとうございます。
旧年中は色々と教えていただきありがとうございました。
楽しくて奥深い竹の世界…今年もたくさんの出会いや発見がありますように。

今年もよろしくお願いいたします!(^^)

投稿: さとか | 2007/01/01 08:39

ご挨拶がおそくなりました。
さとかさん、あけましておめでとうございます。
こちらこそ、さとかさんのチャレンジ精神にいい刺激をいただいております。取り組んでいる素材は違いますが、いい「籠」ができるように精進したいと思っております。本年もどうぞよろしくおねがいします。

投稿: 幸雲 | 2007/01/03 21:56

あけましておめでとうございます。
ブログのアドレスを教えてもらっておいて、だいぶ遅い挨拶になってしまい、すいません。
年末、文化祭に出展される予定の竹籠を拝見させてもらいましたが、とても上手く出来ていて私にとっては幸雲さんが職人のように思えました。
作品を作る楽しみや様々な知識・・本当に奥が深そうな世界ですね。

しかし、しめ縄って自分で作れるんですね~

投稿: 通りすがり | 2007/01/13 21:48

 通りすがりさん。いらっしゃいませ。
 「・・・職人のように思えました。」とはうれしい言葉ですね(^^)。ありがとうございます。しかし、竹細工を始めた頃は竹の世界をなめていました。
 色々な人とネットや実際に会って話をし、展覧会に足を運び作品に触れると、奥の深さや竹籠の美の日本人(私も含めて)の認識のなさを感じ、さらに魅了されてしまいました。私など波打ち際で大海をあこがれている程度です。
 竹工芸家の作品をみるとこれが竹かと思ってしまいます。例えば、竹の花さんのところのサイトで紹介されている編み方をみてもその一端がうかがえます。少しでも近づきたいと思っています。
http://wanokokorotake.huuryuu.com/kokoro/henso.html#

 ちょっと語り過ぎてしまいました(^^;)。

しめ縄は子供の頃から作っていますので、作る物だと思っていました。売っているようなしめ縄が作れないので毎年、あちこちで飾られているのを研究しています。丈の長い糯米の藁を使っています。

ということで、また、たまにのぞきに来てくださいね。

投稿: 幸雲 | 2007/01/14 00:51

ほぉ~~、これ全部竹で編んでるんですか。
どの編み方を見ても、手編みだと考えると驚くばかりです。
竹籠を作ると今度は何を飾ろうか、飾る楽しみもありますね。
楽しそうだな・・。またのぞきに来ますね。ではでは

投稿: 通りすがり | 2007/01/18 16:56

通りすがりさん。コメントありがとうございます。
紹介した編み方はプロの竹工芸家の編みですから、こんな繊細な編み方は私には無理ですが、いつかは出来るようになりたいと思っています。作った物を紹介していきたいと思いますので、また立ち寄ってくださいね。

投稿: 幸雲 | 2007/01/21 21:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/13262542

この記事へのトラックバック一覧です: しめ縄かざりました。:

« 年末のご挨拶 | トップページ | しめ縄2 »