« 人の家畜化 | トップページ | 白菜をたべましょう »

竹芸品店

 心斎橋にある百貨店「そごう」に行ってきました。妻に付き合って買い物に行ったのですが、別行動でうろうろとしていました。大正時代の心斎橋の町並みをモチーフにしたような店並みを店内に作って、和風の商品などを揃えたコーナーがあります。おもしろいなと思って見て回ると、なんと竹籠屋(創作竹藝工房 公長斎小菅)がありました。
 入って眺めていると、店員さんが声をかけてこられます。ほとんど鑑賞目的なので居づらい訳ですが、せっかくなので色々と話をしていました。
 そして、商品カタログをもらいました。なかなか綺麗なカタログで籠に花が飾られています。とても勉強になります。店舗の名前を聞いて、以前京都の伊勢丹で小さな籠を買ったことを思い出しました。そして6月に阪急の1階で臨時のコーナーが出ていた事も思い出しました。確認すると、やはりこちらの店と同じだということでした。どおりで見たことがある籠があると思いました。

 さて、いろいろと話をしていた中で、おとしだけでも販売して頂けるそうです。竹の落としはもちろん、プラスチック製もあるようです。サイズを言うと近いものを取り寄せるとのことでした。値段は詳しくは分かりませんでしたが、1000円まであるだろうと言うことでした。手軽なプラスチック製を買ってもいいなと思いました。

|

« 人の家畜化 | トップページ | 白菜をたべましょう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/13018127

この記事へのトラックバック一覧です: 竹芸品店:

« 人の家畜化 | トップページ | 白菜をたべましょう »