« やってしまった・・・。 | トップページ | 「美の壺」を見ました »

虫籠

Pkagono13a  教材番号13番「虫籠」です。虫籠といっても花籠です。何故、虫籠なのでしょう。もともと虫をとって入れていたのかもしれませんね。

 先端部分の節の節は抜かれています。細いおとしを入れて花を飾るそうですが、教材には落としがなかったため、我が家では今だ花が飾られたことがありません(^^;)。
 一体どうなっているのか不思議に思われるかもしれませんが、実は上半分と下半分を別に編んでつなげてるのです。下半分の底は菊底編みになっています。上半分はご覧の通り、節を残して割ってあります。もちろん、皮だけになっていています。
 最後にしたの立ち竹に重ねて差し込み完成です。

 通常はこの籠も編み竹は竹なのですが、教材では扱いやすい皮籐を使用しています。
なかなか形を整えるが難しくちょっといびつなのですが、それが味だということでした。

|

« やってしまった・・・。 | トップページ | 「美の壺」を見ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/13886386

この記事へのトラックバック一覧です: 虫籠:

« やってしまった・・・。 | トップページ | 「美の壺」を見ました »