« 白竹の籠。シンプルな美しさ。 | トップページ | 教材番号16 松葉編み手つき花籠 »

作品集

作品集は移動しました。

リンク先をご覧下さい。

|

« 白竹の籠。シンプルな美しさ。 | トップページ | 教材番号16 松葉編み手つき花籠 »

コメント

アナログ的なものということで。

確かに、今の時代は便利にはなってきましたが、
どこかでバランスが欠けているのかもしれませんね。

私が初めて籠職人を訪ねたとき、竹の香り、節をパンパンと割って
リズミカルにヒゴ取りをする音、・・・
そして何よりも、職人の体全体で発する雰囲気に圧倒されました。

デジタルなものだけでは、どこか五感がきちんと発揮されないような気がしますね。

投稿: 水俣のカゴ屋 | 2006/01/15 22:38

 水俣のカゴ屋さんから見れば、私の作品は稚拙に見えるかもしれません。だんだん上手になりますので見ていて下さい(^^)。
 さて、竹を割りヒゴを作る職人さんは、映像でしか見たことがありませんが、話をしながらでもピー、ピーと細く割いていかれますよね。手が覚えるということなのでしょうね。

 あんな風になりたいなと思うのですが、なかなか上達しません。

投稿: 幸雲 | 2006/01/16 23:04

巻き縁、私も水俣のカゴ屋さんに、ご伝授いただきました。

ホームページ作られたのですね。
ブログと、ホームぺージでリンクさせて頂いてますが、代えたほうがよろしいでしょうか?

投稿: beryoska | 2006/02/12 08:38

beryoskaさん。
ブログ中心でいきますので、そのままにしておいてもらっていいですよ。

投稿: 幸雲 | 2006/02/12 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/8176787

この記事へのトラックバック一覧です: 作品集:

« 白竹の籠。シンプルな美しさ。 | トップページ | 教材番号16 松葉編み手つき花籠 »