« 日本工芸会と九州物産展 | トップページ | 教材番号21「2本網代の花籠」 »

台所の花

Yasai07b  実家でもらってきたダイコンの葉っぱを後で食べようと思って、少し身(?)の部分をつけて切り落とし、水につけておきました。葉っぱは水を吸って元気に育ってきました。妻はみそ汁の具にして、真ん中の育ってきた葉を少し残しておきました。すると、塔が立ち、つぼみが出てきました。

Yasai07c

 そしてとうとう花が咲きました。うっすらと紫色の花でした。

   しかし、ダイコンの花って、白だったと思うのですが、なんで紫なんだろう。蛍光灯の影響かな。栄養の問題かな。うーむ。

|

« 日本工芸会と九州物産展 | トップページ | 教材番号21「2本網代の花籠」 »

コメント

こんばんは

私も育てたことありますが・・・
こんなに大きく葉が育って
しかも花まで咲くなんてすごいですね
あげてたのは水だけなのですよね?
うーむ。。。

投稿: こまち | 2007/03/08 21:13

そう。水だけでこんなになりました。
花が咲いたのは、そういう季節だったのだと思います。畑のダイコンもみんな塔立ちして花が咲いていますので。

でも、花が薄紫だったことには驚きました。

投稿: 幸雲 | 2007/03/09 23:12

ウチでトウ立ちした大根も少し紫がかっていたナ・・・と思い調べてみたらありました。

http://www.hana300.com/hamada.html

野生化したものだったんだ・・・ まさにこーゆー実がついて、その種を毎年大事に採っていたというのに(T T)まあ確かに根は小さくてあまり美味しくなかった気がします。

閑話休題 すみません。とにかく花の色は、たぶん品種によって違うのだと思います。

投稿: パンダ | 2007/03/11 22:55

パンダさん。情報ありがとうございました。
ダイコンの花は白と思いこんでいました。紫がかったものもあるのですね。品種改良の関係でこんな色合いになるのかもしれませんね。

ちなみに、写真のダイコン。根っこ部分の養分がつきてきたのか、元気がなくなってきて、水揚げも悪くなってきました。もちろん花はしおれてしまいました。次のゴミの日までの命です。

投稿: 幸雲 | 2007/03/11 23:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/14183895

この記事へのトラックバック一覧です: 台所の花:

« 日本工芸会と九州物産展 | トップページ | 教材番号21「2本網代の花籠」 »