« 学生さんの取り組みを応援します。 | トップページ | 筍の季節 »

教材番号22「魚籠花入れ」完成間近

Pkagono22e 大好きな形の魚籠だから、慎重に形を整えて作ったつもりでしたが、やはり集中力がかける部分があるのか、形が少々いびつになってしまいました。それが味だとも言えますが、私としてはきっちりとした籠を作りたいと思います。どっちかというと、計算されていない、いびつさは必要ないと思うわけです。

 とはいえ、子供が無邪気に描く絵は画家がいくらがんばってもそれを越える物は描けません。そこには計算が働くからです。だから、計算のないPkagono22hいびつさも、本当は、すばらしいものなのかもしれません。

 前置きが長くなりました。作品番号22番の魚籠が完成間近になりました。今回の縁巻きは、初めて竹で行いました。黒竹は粘りがあるので曲げても余り折れることはないという話だったのですが、今回あたった教材の縁巻き用のヒゴがどうも弱くて、曲げると折れてくるのです。しっかりと巻いた口にしたかったのですが、折れるのを恐れてだましだまし巻いていると、なんか緩い部分ができてしまいました。好きな籠なので、少し残念でPkagono22fした。少しずつかみしめて作っています。

---魚籠の記事------------------
教材番号22「魚籠花入れ」

|

« 学生さんの取り組みを応援します。 | トップページ | 筍の季節 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/14790685

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号22「魚籠花入れ」完成間近:

» 教材番号22番「魚籠花入れ」完成!! [Bamboo Baskets]
 ようやく、教材番号22番「魚籠花入れ」が完成しました。縁を蛇腹に竹で巻くとい [続きを読む]

受信: 2007/05/13 21:46

« 学生さんの取り組みを応援します。 | トップページ | 筍の季節 »