« 竹職人さんの暮らしを綴るサイト | トップページ | あたり »

教材番号23「3本網代編み手付き籠」

Pkagono23a 教材番号23「3本網代編み手付き籠」です。もっと早く紹介しておけばよかったのですが、今回はもう完成間近です。網代編みは工夫次第で色々な模様が表現できるようなのです(註1)。ところが、今の私はヒゴの本数えて編むので精一杯。間違えては、ほどく。これを何度も繰り返しました。まだまだ網代編みは初心者です。

Pkagono23f さて、今回は宿題を着実にこなして結構早くできました。次の教室までに縁巻きをしておこうとやってみました。ここまでは順調で、我ながら良くできたと編み、立ち上げと各工程で満足していました。ところがとうとうやってしまいました。縁竹に5本巻くところを3本で4分の1巻いてしまったのです。巻始めの位置は先生に教わった場所に鉛筆で数えて印をつけていたので問題はなかったのですが、なんでこんなミスをしてしまったのか・・・・。しばらく脱力でした。

 しかたないので、ほどいてまき直しました。それをしたために、縁竹を止めてある針金がゆるんで思っていた口のサイズより少しだけ広がってしまいました。さらに、問題が発生しました。今回の縁巻きでは縁だけの下に細い竹を回し、それに掛けて巻いていくのですが、しっかり巻こうと力を入れた時、折れてしまいました。しかし、私も経験を積んできました。ちょうど5本巻くところの真ん中でしたので、ちぎれないように、ごまかしながらなんとか巻き終えました。

Pkagono23c  なんとか完成しましたが、縁竹の作り方がよくなかったのか、若干、口の形がいびつになりました。次回、籠の底の部分に飾りを付けて、手を付けて完成です。

【註1】エコラフトではkamihimiのさとかさんのスノーオレンジサボテンピクニックなど。
伝統工芸なら小竹さんの網代編み「雅」、文人籠「爽」、文人籠、文庫「 爽 」。
雑閑のtomokoさんのこの記事

|

« 竹職人さんの暮らしを綴るサイト | トップページ | あたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/15462332

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号23「3本網代編み手付き籠」:

» 教材番号23「3本網代編み手付き籠」途中経過 [Bamboo Baskets]
 教材番号23「3本網代編み手付き籠」の続きです。なかなか細かい作業がいる籠で [続きを読む]

受信: 2007/06/25 22:27

« 竹職人さんの暮らしを綴るサイト | トップページ | あたり »