« 地震怖い。 | トップページ | 「美しい国」とは »

竹紙のある生活 ~菅野今竹生 竹紙作品展~

 「竹紙のある生活 ~菅野今竹生 竹紙作品展~」に行ってきました。

 竹紙といえば、以前の竹の照明を作った時に教材にあった竹紙のような竹の繊維が大胆に、すき混まれた物だと思っていました。しかし、もっと繊維の細かい薄いものもあるのだと知りました。その紙を使った扇子も展示販売されていました。扇子の骨も、そこに貼った紙も竹。そしてその扇子を作った業者の名前にも竹が入っていました(会社名を忘れましたが(^^;))。まさに竹づくしの商品です。欲しかったのですが、財布と相談して今回は断念しました。テラの店主さんに色々と教えてもらいました。そして今回のお薦めと、竹紙を縒りかけて作った紐と木綿の糸で作った布を見せて頂きました。さまざまな色の紙を使っていて、なかなかいい物でした。「竹の繊維と一般的に言われる物は、繊維をどろどろに溶かしてレーヨンのように寄り合わせるが、この竹紙布は本当の竹の繊維の布」と説明してもらいました。買おうと思いましたが最後の一枚で売約済みでした。残念。

 他にも薄く透けたような紙のタペストリーはとても涼しげでした。

会場の写真が今竹生さんのブログで紹介されています。

|

« 地震怖い。 | トップページ | 「美しい国」とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/15848861

この記事へのトラックバック一覧です: 竹紙のある生活 ~菅野今竹生 竹紙作品展~:

« 地震怖い。 | トップページ | 「美しい国」とは »