« ITによる家畜化2 | トップページ | かわいい竹の動物とドールハウス »

蔓入手

 今日、用事があり文化センターの前を通りかかると、籐や蔓で編んだ籠の作品展をされていました。籠なので基本的に竹とそんなに遠くもないだろうし、竹でも籐や蔓は使うので親しみもありますので、立ち寄りました。
 色んな作品を見るのは目の肥やしになるし、イメージとして蓄積していくのはいいことだと思います。籐や木の皮などを使った籠を作ったり、教えたりしている先生の作品展でした。とても素敵な籠やオブジェを見せて頂きました。
そして、色々と教えてもらいました。
 かずらの蔓を売っておられたので、竹籠の手を作る時に欲しいなと思って購入しました。必要ならまた言って下さいと連絡先を教えて頂きました。入手先を探していただけにうれしく思いました。

|

« ITによる家畜化2 | トップページ | かわいい竹の動物とドールハウス »

コメント

幸雲さん

こんばんは

良かったですね!僕もつづらふじ(当て縁仕上げ用)を探してこの夏は色んな山に入りました。(ちなみに40キロ以上は歩きました。)

お年寄りに尋ねては、あっちの山やこっちの山へ、でも杉や桧の植林のせいや、一時期はやったクリスマスリーフのおかげで、ほとんど見つかりませんでしたがやっと一箇所だけ見つけることが出来ました。

ホントに少しだけなので来春に挿し木用の苗を取るまで大事に見守りたいと思っています。

出来れば僕も購入先を教えていただければ幸いです。

投稿: ビリケン | 2007/08/26 19:55

ビリケンさん。コメントありがとうございます。
蔓細工の先生は、山へ探しに行って自生する場所を見つけたら、その当たりで採れるので採りすぎないように採取するのだとか。
でも、私は自生する、かずらを見たことがないので、探しようがないのも事実。私が見付けられるのは竹藪に自生する藤蔓くらいです。これは時期をみて採取してみようと思っています。

蔓細工の籠もなかなか味のある作品でした。
蔓の籠の先生の連絡先を教えてもいいのですが、何しろ蔓の販売を主にやっておられるわけではないようなので・・・というより、私も一度お話をしただけで販売されているからと紹介をするのもどうかと思います。先生と交流がもてたらまた聞いてみます。

投稿: 幸雲 | 2007/08/27 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/16237902

この記事へのトラックバック一覧です: 蔓入手:

« ITによる家畜化2 | トップページ | かわいい竹の動物とドールハウス »