« 消費における家畜化 | トップページ | 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」 »

差し六目花籠完成。

Pkagoo15a_3  以前に作りかけていた、差し六目花籠のその後の事を書いていなかったので紹介します。

 蔓についてどこかで手に入らない物かという話をしていると、教室に来られている方から、あけびに蔓を頂きました。それで手を付けてみました。しかし、蔓の太さが細かったのを考慮しなかった事や強度が弱かったため、折れそうな部分もあり貧弱な手になってしまいました。

Pkagoo15b_3  どこかでいい蔓が入手出来ないものかと思っている時、偶然、蔓や樹木で籠を編んでおられる工芸家の方から入手することができました。

 それを使って、手を付けなおしてみました。「つづらかずら」という蔓らしいです。しっかりしており、良い感じになりました。

----------------------------
関連記事(本文中のリンクと同じです)

差し六目花籠

蔓入手 

|

« 消費における家畜化 | トップページ | 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」 »

コメント

ども~!(^^)/
今回の作品も実にきれいで素晴らしいです。
σ( ̄^ ̄)の好きなタイプの籠です。 /(^ ^;)

投稿: 花咲爺 | 2007/10/04 21:27

花咲爺さん。コメントありがとうございます。
籠自体は以前に作った物ですが、いい蔓を入手してようやく納得いく籠になりました。
この籠は、使い勝手がいいですよ。

投稿: 幸雲 | 2007/10/05 23:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/16620773

この記事へのトラックバック一覧です: 差し六目花籠完成。:

« 消費における家畜化 | トップページ | 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」 »