« 何故に今。 | トップページ | 教材番号24「輪弧編みの花籠」途中経過。 »

金剛山登山

Pkongo1 金剛山の登山にはまってしまいました。先週、誘われて2年ぶりに登ってから、とても楽しいことに気がつきました。登山道は整備されており、階段状になっています。本格的に登山される方には単調で退屈かもしれません。でも、私のような素人にとっては遭難の心配がないので、安心です。そして、1時間半ほどで登れるのです。さらに、登山会Pkongo2があって、スタ ンプカードを購入すると登るたびにハンコを押してくれます。なんとなくうれしくて続けようという気にもなります。(山頂には回数毎に名札が掲示されていて、1万回以上という人がいるのには驚かされます。)

 この前、登山回数500回を越える人と登った時、無理せずに登ることPkongo3と、自然を感じて登ることが大切という事を教えてもらいました。そして、昨日一人で登っ たら爽快で、今日も登ってきました。休みに一人で家にいるなら山に登った方がいい、そんな風に思いました。
 一歩一歩、それぞれのペースで登っていく。その行為はよく人生に例えられますが、その言葉がなんとなくわかるような気もしてきます。

 自分との対話をし、心を無にした時に木々のざわめき、足元で揺れる木々の陰。子供の頃に感じていた「自然に溢れる不思議」をいつの間にPkongo4か忘れていることに気づきました。

   そして、登山道ですれ違う人と挨拶。休憩所で他の登山家客との交わす言葉もなんとなく楽しく感じました。

 頂上にも楽しみがあります。展望台からは、大阪平野が一望できるのです。六甲山はもちろん、明石海峡大橋も見えるのです。別の展望台からは、関空も見えます。私は双眼鏡を持って行き、長い間眺めています。まるでそこに大きな地図が広がっているような感じになってきます。今日は大阪城を見ることができました。梅田のビル群も見えます。通天閣を探しましたが、見付けることができませんでした。関西空港から発着する飛行機も見ました。昨日は天候が不順だったので、眼下から雲がわき上がっているのも見えました。

 登りは自分自身、自然との会話。頂上で眺望を楽しみ、そしてリフレッシュした気分で心地よい風を感じて降りる。とてもいいものです。

Pkongo5

明石海峡大橋方向

Pkongo6

大阪平野、神戸、六甲山方面

Pkongo7

関西空港方面

|

« 何故に今。 | トップページ | 教材番号24「輪弧編みの花籠」途中経過。 »

コメント

こんばんは

僕は仕事が山なんですが、そもそも北アルプスで今で言うフリーターみたいな事をしていて、自分でペンションをするか?木こりするか?で悩んで結局今の道に入りました。

山は良いところでしょ!もう十日ほどでマツタケの時期で、それから十日ほどでナナカマドが実をつけはじめ、ボチボチ紅葉が始まってきます。

僕は晩秋の頃と早春の山が一番好きですが、真冬の大雪の早朝の山も全ての音が雪に吸い込まれてなんともいえません。

ちなみに六甲山の遊歩道でも遭難事故は年に数回ありますので、気をつけてくださいね

投稿: ビリケン | 2007/09/17 21:05

ビリケンさん。コメントありがとうございます。
 本当に、山は良いです。山についての知識とか経験とかはほとんどないので、冬はちょっと怖いです。大阪府とはいえ金剛山も雪が積もりますから・・・。でも、それまでの紅葉が楽しみです。

 金剛山のメインの登山道は写真のように道幅のある階段がずっと続いていますので、濃霧とかで見失わない限り大丈夫かと思います。でもおっしゃるように、山は何があるかわかりませんので、気を引き締めて行きたいと思います。

 実は一番最初の登山で、違う道に行ってしまい(道を聞いたら、本格的な道を教えられた)ました。沢にそって登るような道の登山道でした。途中で登山の人に会わなければどうなっていたかわかりません。無事登れたので今となっては楽しかったという思い出ですが、冷静に振り返るとかなり危険な状態でした。(山頂は雪が残っていましたし・・・)
 機会があればもう一度あの登山道を登ってみたいのですが、私だけでは怖くて登れません。

本文中に金剛山登山のサイトのリンクを追加しました。
関心がある方はご覧下さい。

投稿: 幸雲 | 2007/09/17 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/16468585

この記事へのトラックバック一覧です: 金剛山登山:

» 晩秋の登山道 [Bamboo Baskets]
 金剛山にほぼ1ヶ月ぶりに登ってきました。随分と気温が下がってきました。山頂で [続きを読む]

受信: 2007/11/17 18:23

« 何故に今。 | トップページ | 教材番号24「輪弧編みの花籠」途中経過。 »