« 金剛山登山 | トップページ | 今日の金剛山 »

教材番号24「輪弧編みの花籠」途中経過。

Pkagono24a  教材番号24番の「輪弧編みの花籠」途中経過です。とはいえ、ほとんど仕上げの段階に入っています。
 底が輪弧編みで穴が開いている変わった籠ですが、力竹を入れて底を作るそうです。輪弧編みのところでちょっとややこしくなりましたが、以前、さとかさんのブログで輪弧編みが話題になった時に少し研究していたのでPkagono24b 何とかできました。どんな編み方か気になる方は「別府竹細工」というサイトをご覧下さい。解説されています
 また、本では。「伝統を作る4 竹細工/監修:白石和己」(学研)に付属されたDVDが詳しいです。しかし、この本を入手するのは今は難しいかもしれません。

Pkagono24d  そして、写真で紹介しているのは、縁をつけるところです。丸籐を口に合わせて輪にするのですが、なかなか難しく結局、先生にやって頂きました。こわごわとやっていたからうまくいきませんでした。表面の蝋質の部分がプチプチと飛び散る位になってから力をかけるとうまく曲がるようでした。そしてそれを口の角度に合わせて斜めに半分にするのですが、これPkagono24e も先生にやって頂きました。

 口を巻く皮籐が少し短くて巻ききれなくて、前回の教材の残りの皮籐(ちょっと細かったのですが)を利用しました。

後は手を付けて完成です。

|

« 金剛山登山 | トップページ | 今日の金剛山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/16477869

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号24「輪弧編みの花籠」途中経過。:

» 教材番号24番「輪弧編みの花籠」完成 [Bamboo Baskets]
 教材番号24番「輪弧編みの花籠」が完成しました。前回ほとんど出来ていたので、後 [続きを読む]

受信: 2007/10/06 09:51

« 金剛山登山 | トップページ | 今日の金剛山 »