« 食の記憶 | トップページ | 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その3 »

晩秋の登山道

Pkongo071117a  金剛山にほぼ1ヶ月ぶりに登ってきました。随分と気温が下がってきました。山頂では7度(1時頃)。フリースを羽織ってちょうどです。季節の移り変わりを感じました。

 広葉樹が多いところでは地面の落ち葉を踏みしめると、「秋の匂い」がしPkongo071117b Pkongo071117c Pkongo071117dていました。落ち葉の匂いはどことなく心が落ち着きます。リスでも走っていないかなと気を付けていましたが出会うことはありませんでした。

 夏の間は木々に覆われていましたが、空が見えるようになり登山道もどことなく明るかったです。そして、明るいのはそれ Pkongo071117f Pkongo071117g ばかりではなく紅葉が空気を染めていました。

  とても気持ち良く。良い時間を過ごしました。

夏の登山道の写真と見比べてみて下さい。

Pkongo071117e

金剛山より葛城山を望む

|

« 食の記憶 | トップページ | 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/17100169

この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の登山道:

« 食の記憶 | トップページ | 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その3 »