« しめ縄 | トップページ | わら細工も面白そう。 »

雑感(正月番組を見て考えたこと)

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 
 さて、正月の間、テレビをよく見たのですがどうして、あんなにつまらない番組が多いのでしょうか。以前もこんな番組ばっかりだったのでしょうか。ここ数年特につまらなく感じるようになりました。
 どこのチャンネルにしても、同じ顔が、同じようなゲームをしたり、芸能界のうわさ話、芸能人の知識の低さを証明するクイズ、空騒ぎ・・・。昨年話題になったボクシングのチャンピオンもよく見かけましたが、チャンピオンになった時にどれだけマスコミが取り上げたのでしょうか。それが、話題になればタレント扱い。チャンネルを変えても出ておられました。反則挑戦者の代役の様で気の毒でした。

 若手芸人だよりの番組の作り手にもうんざりしました。お笑い番組ならもっと”本物”の芸人の芸も見たい。名人の落語や、いぶし銀の漫才など。なぜ、みんな横並びなのでしょうか。本当にうんざりしました。

 そんな中で、NHKの紅白の続きでやっていたさだまさしの番組は面白かった。視聴者の葉書を読んでコメントしていくという昔の深夜ラジオ番組のような作りと、ホワイトボードに描いた絵という安っぽいセット。そして登場人物や曲の紹介をすべて手書きのボードで行うという作りはとても新鮮で面白かった。この番組は毎年続けて欲しい。

 とかく、テレビをみる事が多い正月。各局もっと質の高い番組を流して欲しい。横並びの番組ばかりではつまらないし、放送に対する期待も低下する。特徴ある番組がなければ沢山のチャンネルも必要ない。ドラマの再放送や映画をずっと流してくれているほうがどれだけ値打ちがあるかわからない。今の状況は視聴者を馬鹿にしているのではないかと思えてくる。

 正月番組を見ながらそんなことを考えました。

|

« しめ縄 | トップページ | わら細工も面白そう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/17568461

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感(正月番組を見て考えたこと):

« しめ縄 | トップページ | わら細工も面白そう。 »