« ゆたんぽ | トップページ | 温暖化を感じる »

教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その4

Pkagono25g    長い間、悩んで失敗していましたこの作品。ようやく出来上がりました。輪弧のヒゴの流れがとても美しい籠だと思います。

 今回も反省点が多くありました。今後の注意点としてあげておきたいと思います。
Pkagono25fまず、底の網代編みを丸く綺麗に作れず、少しサイズが小さくなってしまったため、立ち上げる時に輪弧から外れてしまいやすくなってしまいました。外さないように輪弧をヒゴをつめて行くうちに無理がかかって数本のヒゴが折れてしまいました。

Pkagono25k 次にやはり、縁の輪の作り方です。どうも綺麗な円になっていないため、形がいびつになってしまっています。そして、小さな籠であるため、縁の処理の時に無理にヒゴを曲げてしまったためヒゴが折れかけてしまっている部分ができてしまいました。縁の形が力のバランスに影響したのかもしれません。
 簡単そうに見える籠でも結構奥が深い物です。今回も思い知らされました。

---過去の記事------
教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その3
教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その2
教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」

|

« ゆたんぽ | トップページ | 温暖化を感じる »

コメント

ども~!(^^)/
ん~ この作品も実に美しく素晴らしいです。
網代編み・・・きれいな輪になっていると思いますよ。
立ち上げもきれいな放射状に伸びて・・・ 見とれてしまいます。
実はσ( ̄^ ̄)・・・佐藤庄五郎氏の本を読んでみました。
籠花入を作ってみたいとは思うのですが、こんなに込み入った作品はσ( ̄^ ̄)には無理のようです。
やはり ”筒” ものを楽しんでいくことにします。(^^)/

投稿: 花咲JJ | 2008/01/27 17:00

 この籠は、蜜柑を盛る籠に良く使われいるのを見るので、ぜひマスターしたいと思っていました。
 ところが、どうも失敗が続き(写真だけではわかりにくいと思いますが・・・)ごまかしながら作った部分が多くありました。それだけに、ちょっちょく悔やまれる訳です。

 佐藤庄五郎氏の本を読まれたのですね。籠は楽しいです。ひご作りがなかなか上手になりませんが。でも、筒物も奥が深いと思います。良い作品をまた見せて下さい。

投稿: 幸雲 | 2008/01/29 22:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/17859593

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号25「二重輪弧編みの小さな籠」その4:

« ゆたんぽ | トップページ | 温暖化を感じる »