« 輪弧編みの籠 | トップページ | 竹細工のカタログのような本 »

新たな輪弧編みの籠に挑戦

Pkagoo17c  さとかさんの持っておられる輪弧編みの籠。底も口も輪弧編みという籠です。底の写真を提供をしてもらい、一生懸命観察していると、こうではないかとひらめき、作ってみました。
 余っていたヒゴを使ったため材料が短くて一部見苦しくなってしまいましたが、一応できました。底から輪弧編をし、回しを入れて、立ち上げ、口の部分では右流れ、左流れそれぞれで輪弧口を作り、そのまま胴へ編み込んでみました。

どうでしょう。こんなのでしょうか。後から見本の写真をみると、もう少し口を詰めて作れば格好よく出来たのかなと思いました。

|

« 輪弧編みの籠 | トップページ | 竹細工のカタログのような本 »

コメント

おおー,出来上がってますね!
綺麗に丸くなってる~~。すごいすごい。
竹の色もいいですね~~(^^)。
中に瓶を入れて,ぜひ春の野草を差してみてほしいです(^^)。

投稿: さとか | 2008/02/11 17:03

作品拝見させて頂きました。
率直に凄いと思いました。やはり住む地域によって竹細工も色々、そして色んな作家さんもいるんですね~。色んな作家さんと懇談会とかできたら素晴らしい!&是非参加したい!。
以前作品コラボなんていかがですか?メールを送信させて頂いたんですが。どうでしょう?。お互いがデザインを出し合って、お互いが相手のデザインした竹細工を作る・・なんて。どうかご検討下さい。
追伸 先日遅れ馳せながら私の、へっぽこ竹細工HPよりリンクを張らせて頂きましたのでご報告致します。

投稿: 宮城竹細工坊主 | 2008/02/11 21:43

さとかさん。写真のおかげで仕組みがわかりました。実は以前からどうなっているんだろうと気になっていたのです。でも輪弧編みに自信が無かったので挑戦出来ずにいました。
手も付けようと思ったのですが、失敗しました(^^;)
丸くてかわいい籠なので作っていて楽しかったです。
面白い籠を紹介していただいて感謝しています。

投稿: 幸雲 | 2008/02/11 23:34

宮城竹細工坊主さん。
 竹細工は全国各地で土地の生活と密接に関わって色々発展したようです。竹細工坊主さんところは、しの竹を使った物が中心なようで、調べてみたら、笊や目籠を中心とした実用的な作品が多いように思いました。
 私は趣味で竹籠を習っている素人に過ぎませんので、偉そうな事は言えませんが、色々な作家さんの作品で面白そうなものを真似て作ったら、今までにないものが出来上がるかもしれませんね。新しい血を岩出山の技術に入れるという感じで。

 私も色んな作家の方と実際に会って、作品を見せて頂き、話をさせて頂いて少しでも技術やコツを盗みたいと思って、近くで個展や講演があればできるかぎり出かけるようにしています。

 コラボは面白そうですね。でも私は、基本的な技術がまだまだ未熟でお恥ずかしい限りです。デザインする程の技術の応用まではなかなか・・・。とはいえ、1つのテーマで作ってみるのは良い練習になるかもしれませんね。

投稿: 幸雲 | 2008/02/12 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/40056775

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな輪弧編みの籠に挑戦:

» 輪弧編みの花籠に季節の野草 [Bamboo Baskets]
 輪弧編みの籠に庭で摘んだドクダミの花を生けました。この籠の作る時に、ヒントをく [続きを読む]

受信: 2008/07/23 23:13

« 輪弧編みの籠 | トップページ | 竹細工のカタログのような本 »