« 奈良といえば・・・ | トップページ | 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) »

熊本・大分旅行記 その4(別府の籠)

Ptabi0808_1  3日目は別府へ行きました。当初は高速道路を使おうかと思っていました。しかし、大分にも「原っぱ山」があるとパンダさんに教えてもらったので、県道11号線を通っていきました。
 
Ptabi0808_6  別府市竹細工伝統産業会館に行きました。ここは、伝統工芸士の方の作品や歴史などが展示されていました。他に客もいないので、ゆっくりとみることができました。施設の方にお願いして作品の解説などをしてもらいました。本当に細かい仕事の作品や竹の帽子をかぶって写真も撮ってもらいました。
Ptabi0808_8  さとかさんが、以前紹介されていた網代編みの牛も展示されていました。実物をみて笑ってしまいました。

 パンダさんのお薦めの訓練支援センターは場所がちょっとわからなくて、今回はパスして、竹の博物館へ行きました。

 竹の博物館は民具が沢山あるとのことでした。竹工芸店が開設した博物館です。確か、いわし籠があると何かで聞いた事があります。それだけでも見ようと思っていました。博物館へ入館しようとしたらなんと、「入るんですか?」と問われてしまいました。怪訝な顔をしていると、この燃料高とお客が来ないという理由で店内のエアコンを止めていたのです。団扇を貸してもらって入ってみましたが暑いの何の・・・ゆっくり見ていることが出来ませんでした。また展示も竹ばかりかと思っていたら一部温泉博物館に模様替えされているようでした。見たいと思っていたイワシ籠がありましたので、よしとしました。

 社長は暑いことを詫びて、お土産をくださいました。そして「竹の未来館」を紹介してくださいました。迷ったのですが、今回はパスしました。

-----------------------------

熊本・大分旅行記 その3 
熊本・大分旅行記 その2 
熊本・大分旅行記 その1 

|

« 奈良といえば・・・ | トップページ | 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) »

コメント

竹の博物館、私も最近ちゃんと展示を見ていなかったのに無責任にお勧めしてしまって本当にごめんなさい!
どんなだか今度きちんと見ておきます。

でも地元民にとっては笑える話です。
確かに前からお客さん少なかったですけど・・・ なんだかこのまま消滅しそうな感じですね。
収集されている竹製品はどこへ行くのか・・・そういえば以前収蔵品の格安セールをやっていたから(私はバラを買った)、そんなふうにちりぢりになってしまうんでしょうね。
別府の竹(民具)の扱いはそんなものです。

ちなみに竹の未来館は展示品も大したことないと思います。
実演している兄ちゃん(後輩)が関西人で話が面白い、というくらいです。

投稿: パンダ | 2008/08/26 22:41

パンダさん。コメントありがとうございます。
あまり、気にしないで下さいね。当初から時間があれば寄ろうと事前に場所を調べていました。

地元では笑える話なのですか。私も笑いそうでした。
客来ないから冷房を止めているというお店もあんまりありませんので。4フロアほどあったのかな。うち2フロアが温泉についての展示でした。ゆっくり見られたらこれもおもしろそうだなと思ったのですが、何しろ暑くて倒れそうでした。
「こんなんなら、料金取るな」と内心思っていたのですが、迷惑料といってお土産頂いて腹立ちも解消しました。
でも、全館冷房は燃料高を考えると厳しいのだろうなと
同情もしました。

収蔵品セールをしていたのですか。もったいない・・・。

投稿: 幸雲 | 2008/08/27 23:34

幸雲さんこんにちは。
あじろ編みの牛,うけたでしょう?(笑)
実演しているお兄さん,面白いし。
あそこは竹工芸をチェックしたあと,1階のお土産店で親戚等へのお土産を買うのがおススメです(笑)。

しかしあの竹の帽子…かぶられたのですね…。
私もかぶってみたかったーーーー!!!うらやましいっ!
あまりにも繊細なので触るのも怖いかんじでしたが。

たくさん竹工芸を堪能されたようでうらやしいです(^^)。
あー私ももう一回行ってみたいなぁ…。

投稿: さとか | 2008/08/29 10:22

さとかさん。コメントありがとうございます。
今回の旅では、さとかさんのレポートを参考にさせて頂きました。お礼申し上げます。

 特に、”牛”は是非とも見たいと思っていたものです。でも、未来館の記事に写真があったので、どうしようかなと思っていたところ、なんと、別府市竹細工伝統産業会館の片隅にいるではありませんか!!!うれしくなりました。

 伝統産業館で入場料を払う時に、案内しましょうかと言って頂いたのでお願いしました。主要なところの解説をしていただき、竹の帽子のところでは、写真の許可をいただき撮って頂きました。作品の多くは写真を撮ってはいけないそうです。

 竹の博物館では実演はされていませんでした。ただただ、暑かったです。社長さんが気さくな方でした。温泉博物館にされるのかなぁ。聞いたらよかった。

 

投稿: 幸雲 | 2008/08/30 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/42252496

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・大分旅行記 その4(別府の籠):

» 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) [Bamboo Baskets]
 飛行機の出発時刻までには時間がありました。せっかくなので、別府らしいところを観 [続きを読む]

受信: 2008/08/25 22:24

« 奈良といえば・・・ | トップページ | 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) »