« 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) | トップページ | 祝!10万アクセス突破。 »

教材番号26番「八つ目編みの盛り籠」完成

Pkagono26b  「八つ目編みの盛り籠」が漸く完成しました。長かったです。5ヶ月くらいかかりました。とはいえ、月に4時間ですからトータルでは20時間。それでも結構かかってますね(^^;)。

 どうなるかと思っていましたが、なかなかよく出来ました。虫かがりの方法をすっかり忘れてしまっていました。

Pkagono26c 八つ目編みは、結構しっかりとした編みですね。がっしりとした籠になりました。口の枠を四角に曲げてなかなか難しかったです。内側と外側がぴったりと合わせる作業に気を使いました。編んだ籠の口に合わせて作るのではなく、きっちりとした寸法に曲げた竹の枠に籠を合わせます。私は籠の寸法に合わせて作る物だと思っていました。目から鱗が落ちました。当たり前といえば当たり前の事ですが、そうしないと綺麗な籠にはなりませんから。

 しかし、長かったなぁ。

---過去の記事----------------
教材番号26番「八つ目編みの盛り籠」作成中

|

« 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) | トップページ | 祝!10万アクセス突破。 »

コメント

お久しぶりです。籠づくり、上達されましたね~!
傘立て、素敵なのを待っています!!

投稿: くまちゃん | 2008/08/31 21:21

くまちゃん。ご無沙汰しています。
お褒め頂きありがとうございます。
傘立て?それも良いですね。
挑戦してみます。

投稿: 幸雲 | 2008/09/05 21:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/42304901

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号26番「八つ目編みの盛り籠」完成:

« 熊本・大分旅行記 その5(地獄編) | トップページ | 祝!10万アクセス突破。 »