« 3つ目の差し六ツ目花籠完成 | トップページ | 今竹生さんの竹紙の展覧会のお知らせ »

竹藪への肥入れ

久し振りに竹藪の仕事を手伝いに行きました。田んぼは風が強くて寒いのですが、竹藪は山間にあるため、風が当たらず寒さが随分とましでした。

今日の作業は、筍が大きく育つように、施肥作業です。時期的には少し遅れているように思います。この後、土入れを行います。隣の藪では土入れをされていました。

父が呼ぶので何かと思い見に行くと、指さすところにかわいい筍が頭を見せていました。もちろんまだ土の中にありますが、少し土が盛り上がっているのです。去年は余り出なかった所なので、今年は沢山でるかもしれないとのこと。掘るには小さすぎるので、埋め戻されました。

寒波が来ているとかで、寒い日が続いていますが、自然は着実に春に向け準備をしています。

写真がないので、絵を描きました。絵手紙風に歌を添えて・・・。

「風花の舞うを知らずに

  筍の赤子はゆりかご 春を夢見る」

Cocolog_oekaki_2009_01_10_23_32

|

« 3つ目の差し六ツ目花籠完成 | トップページ | 今竹生さんの竹紙の展覧会のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/43701069

この記事へのトラックバック一覧です: 竹藪への肥入れ:

« 3つ目の差し六ツ目花籠完成 | トップページ | 今竹生さんの竹紙の展覧会のお知らせ »