« 近藤幸男 竹の工芸展 | トップページ | 新型インフルエンザとマスク »

新型インフルエンザに思う。

 新型インフルエンザが弱毒性(注1)で季節性のインフルと同じ程度であるとのことで、どことなく世間では安心ムードがあります。しかし、インフルエンザは普通の風邪ではなく法律でも指定されてる感染症だということが忘れられてると思うわけです。

 実際にかかってみると普通のインフルも随分としんどい。さらに、風邪と同レベルでみられている節もあり、熱がさがると出勤したりする。その時期はウィルスが体外へ排出される時期なのに。通常のインフルでも毎年、何人もの人が亡くなっていることが「弱毒性」という報道で「大丈夫なんだ」という妙な安心感につながっているように思う。

 感染させないということが重要。自分は大丈夫という認識ではなく、人にはうつさないという意識が大切なのだと思います。ましてや、かかった人を非難するなどということはもってのほかです。もし、自分がかかった場合は新たな感染源であるわけですから。非難した内容を自ら実行するのなら別ですが。

今回の新型が鳥由来の対応の予行演習として、それぞれがどう対応して何が問題だったかを教訓にすべきだと思います。

注1)先日、新聞で鳥インフルの研究者の人が、強毒性、弱毒性は鳥インフルでいう言葉で人のインフルでは使用しなかった概念とおっしゃっていました。

過去のインフルエンザ関連記事

|

« 近藤幸男 竹の工芸展 | トップページ | 新型インフルエンザとマスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/45117808

この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフルエンザに思う。:

» 新型インフルエンザとマスク [Bamboo Baskets]
 マスクが店頭からきえてしまいました。花粉症とインフルエンザ対策で12月頃からマ [続きを読む]

受信: 2009/05/24 22:21

« 近藤幸男 竹の工芸展 | トップページ | 新型インフルエンザとマスク »