« 陶4人展 | トップページ | 第56回伝統工芸展京都展 »

美の壺「竹」

NHK美の壺File144は「竹」でした。「美の壺」では以前にFile37「竹籠」の放送がありました。今回は竹そのものと、竹籠以外の用途についての解説でした。

今回は、竹の性質の解説とそれを利用したもの。3つの竹製品を紹介していました。

まずは、竹の割れる、しなる、粘るという特性を利用した茶筅。
次に、空洞であるという特性を利用した楽器、笙。
最後に竹の表皮を生かした建材としての竹。

竹籠などを販売する店の様子や竹材の倉庫の映像が流れました。見覚えがあったので、もしかしたらと思ったら、何度か立ち寄り竹材を購入したことのある横山竹材店さんでした。字幕では竹材業としか紹介がなかったのですが、最後に横山さんが登場されたのでやっぱりと思いました。(面識はありませんが)

前回の竹籠のときもそうでしたが、なかなかまとまってよい番組でした。

放送前にお知らせ出来たら良かったのです。美の壺のサイトでダイジェストを掲載していますので、ご覧下さい。オンデマンドでダウンロードすることもできるようです。

過去の美の壺の記事

「美の壺」を見ました

|

« 陶4人展 | トップページ | 第56回伝統工芸展京都展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/46329576

この記事へのトラックバック一覧です: 美の壺「竹」:

« 陶4人展 | トップページ | 第56回伝統工芸展京都展 »