« 第56回伝統工芸展京都展 | トップページ | 竹の柵 »

作業台購入

Sagyodai  今日は寒かったですね。12月の気温だったといいます。気温差にやられて、ちょっと風邪っぽくなってしまいました。

 今朝、なにげなく新聞折り込みのホームセンターのチラシを見ていると木工用の作業台が載っていました。万力の様に板を挟んでのこぎりやドリルでの作業を補助できるようになった作業台です。

 「これはいい!」と思って、私は早速、買いに行きました。竹を切ったり幅引きの小刀を打った角材を固定して作業するのにちょうどいいと思ったからです。いつも適当な台もなく庭で作業していたので、どうもやりにくかったのです。実際にやってみると、作業の効率もよくなったし失敗もしない。こんな便利なものがあると知っていたらもっと早く買っていたのにと思いました。

 写真をとっておけば、もっとうまく紹介できたのですが、使い勝手がよくて写真をとっておくのを忘れてしまいました(^^;)。使い勝手を試すのに、寒いのに庭で作業をしていたので、さらに風邪っぽくなってしまいました。今回の寒気は今日まででいったんゆるむということですが、お体には置きを付けください。


2009/11/7 作業台の写真を追加しました。

|

« 第56回伝統工芸展京都展 | トップページ | 竹の柵 »

コメント

本当に急に寒くなりましたね。こたつから抜けられません。

作業道具は効率を上げる上で本当に大事だなぁと感じます。僕が取材した中で、尺八だとか竹工芸品だとかを作る為に「道具から作る」という方が複数いらっしゃいました。それも結局、効率のいい方法や手の動かし方など作業しやすい方法を追い求めて、最終的にそうなったのだろうなと感じたのを思い出しました。

投稿: 竹マニア | 2009/11/04 04:24

竹マニアさん。コメントありがとうございます。
そうですね。竹細工の道具ってあまり売ってなかったりするので、自作ということが多いようです。私は横着ものですので、庭の石の上で作業していたりしていたのですが、今回の作業台を購入してやっぱり道具って大切だと思いました。写真でもわかるように物差しが台に書いていますし、板を挟んだりできます。写真は巾引きの時に小刀を打ち込むのに使っている板を挟んでいます。
ちなみに、作業台の板の材質は竹ボードです。

投稿: 幸雲 | 2009/11/08 00:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/46665965

この記事へのトラックバック一覧です: 作業台購入:

« 第56回伝統工芸展京都展 | トップページ | 竹の柵 »