« 天皇誕生日に思う。 | トップページ | 写真が豊富でわかりやすい「やさしく編む竹細工入門」 »

教材番号32「長宗全籠」

Pkagono32 「長宗全籠」です。教材番号20の「宗全籠」よりもスリムです。宗全籠には存在感というものがあり、飾る花もそれなりのボリュームが必要ですが、長宗全籠には一輪挿しのように花を一本さしておくだけでも絵になる繊細さがあります。床の間はもとより、玄関先に飾っても良いですね。

手は煤竹です。藤蔓の巻き方が特徴的で面白い印象を醸し出しています。

この籠、編み方は簡単なのですが、形を整えるのに意外と苦心しました。月1回の教室の中での作成でしたので、6月に取りかかり始めて12月に漸く完成しました。(その間にもう一つ別の籠を作ってます。)
それにしても漸くできて、感慨深いものがあります。





宗全籠の記事

宗全籠完成。
 教材No.20「宗全籠」途中経過
宗全籠その後。トラブル発生!!

宗全籠。失敗乗り越える。

宗全籠。完成間近

|

« 天皇誕生日に思う。 | トップページ | 写真が豊富でわかりやすい「やさしく編む竹細工入門」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/47117174

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号32「長宗全籠」:

« 天皇誕生日に思う。 | トップページ | 写真が豊富でわかりやすい「やさしく編む竹細工入門」 »