« つくしをいただきました。 | トップページ | 長宋全籠その後 »

D100314 義弟の結婚披露の食事会に兵庫県の舞子に行ってきました。
淡路島への海峡を渡る「明石海峡大橋」のある町です。神戸から続く瀬戸内海の地域へ行くと光の降り注ぎ方が違ういつも思います。山陽地方とはよく言ったもので、とても明るいのです。海が光りを反射するからでしょうか。

海岸線を走るJRから海をみていると、船が行き交い、防波堤では釣り人の竿が並びます。私も魚釣りをしたい。そんな風に思いつつ眺めていました。

ホテルから、明石海峡大橋はものすごく雄大に見えました。でも、開発で削られてしまった淡路島は痛々しく見えました。よく晴れて、紀伊半島まで見えていました。

ホテルから見える松林の向こうに広がる海峡。明るく太陽に照らされきらめく穏やかな海。二人の新しい船出に幸多かれと祝福しているかのようでした。

|

« つくしをいただきました。 | トップページ | 長宋全籠その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/47813181

この記事へのトラックバック一覧です: :

« つくしをいただきました。 | トップページ | 長宋全籠その後 »