« 六ツ目編み籠 | トップページ | 藤の花 »

弓矢(猿対策)作成

T100509 弓矢を作りました。子供の頃、おもちゃとして作って(父親に作ってもらったものだったか)遊んでものです。このおもちゃレベルの弓でどれくらいの 間、猿に恐れを与えることができるかはわかりません。しかし、それに併せて改良していくつもりです。

最近、猿がまた出没しています。夏野菜の植え付けの季節。近所ではすでにタマネギが被害にあってます。今後猿との戦いが始まります。

この前も猿が出没したので棒を持って追いかけましたが、木の上に登ってこちらをみているという状況。腹が立ってしかたありません。もう少し、猿のエリアを里から奥にするために、何とかいい方法はないかと考えました。ロケット花火を使われる方もいらっしゃいますが、山に向けて打つのは火災のおそれがあります。

現在のところ、10m位なら何とか届くレベルです。ただ、矢に矢羽根や矢尻がついていないので、その影響もあるのかもしれません。弓のバネが弱いためかスピードも出ないのも距離が伸びない原因かもしれません。

|

« 六ツ目編み籠 | トップページ | 藤の花 »

コメント

反撃されない程度に威嚇してください。
わたしも弓矢を作って遊んでいました。背丈くらいの割り竹(両端はだんだん薄く)を4,5枚重ねて丈夫な糸やテープで束ねると かなりの強弓ができます。
矢は矢竹とよばれる 直径1cm以内のものか 茅(かや)がいいです。
矢尻は自転車のスポークが最適です。叩いて平たくすることも出来ますし やすりで返しを作ることもできます。
矢羽はからすの羽が手に入りやすく 重宝します。
飛距離は放物線を描いて80mくらいは飛んでいました。
こどもの頃に いろいろと殺生をしましたが 報いがくるかも知れません。

至近距離でしたが 巣立ったばかりの飛べない ひよどりのヒナを射止めたことがあります。
1,2m以内でないと まず当たりません。 

投稿: dig486dj | 2010/05/21 22:53

dig486djさん。お久しぶりです。コメントありがとうございます。

先日、出勤前に猿が屋根を歩いてるのを発見。弓を手にしてでたときはどこかへ行ってしまった後でした。まだ、威嚇の効果を試せていません。

子供の頃、やはり弓矢つくって遊びましたか。私は殺生まではしてません。段ボールの箱を的にして遊んでいました。

本格的な矢を使っておられたのですね。80mには驚きです。それよりも弓の作り方は次回の改良時の参考にさせていただきます。4、5枚重ねたら相当のパワーがあるでしょうね。私のは2枚重ねだからバネが弱いのです。

投稿: 幸雲 | 2010/05/22 00:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/48319412

この記事へのトラックバック一覧です: 弓矢(猿対策)作成:

« 六ツ目編み籠 | トップページ | 藤の花 »