« 高性能でも怠け者な肉体 | トップページ | ハヤブサに涙 »

竹藪の管理

筍が終わっても、竹の地下茎に残っている芽が次々と出てきます。放っておくと不要な細い竹がたくさん生えてしまい、後の管理が大変です。竹になりきってしまうと簡単には倒せません。そこで、まだ竹になりきる前の段階で鍬やのこぎりで倒すと柔らかくて楽なので今のうちに作業をしておきます。

今日、久しぶりに竹藪に行ってきました。竹藪は田んぼと違って涼しくて静かで楽しいのです。でもこの季節、蚊がたくさんいて嫌です。蚊取り線香を腰につるしての作業です。蚊取り線香から煙があがっているうちは、そんなに気になりませんでした。でもなくなってしまうと、たくさんの蚊が寄ってきました。

笹が降り積もり、滑るので傾斜地での作業は怖いのですが、竹藪の仕事は案外楽しんでいます。学生の頃はあんなに嫌だったのに。おかしなものです。

|

« 高性能でも怠け者な肉体 | トップページ | ハヤブサに涙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/48563254

この記事へのトラックバック一覧です: 竹藪の管理:

« 高性能でも怠け者な肉体 | トップページ | ハヤブサに涙 »