« 第39回 日本伝統工芸近畿展 | トップページ | 竹藪の管理 »

高性能でも怠け者な肉体

宇宙から野口さんが帰還されました。野口さんは長期滞在で人間の体にどういう影響があるかについても調査されるということです。
どんな影響があるのかは、これからの課題ということでしょうが、以前から言われていることは、足の筋肉の機能低下です。重力から解放されている環境だと、筋力がおちて歩けなくなります。そのため、宇宙飛行士は一日に一定期間の筋力トレーニングを課せられているのです。
つまり、この現象は人間の体には環境に順応する力があるを証明しているのだと思います。そして、言い換えれば人間の体は怠け者でもあると言えます。

仕事で訓練された職人さんは、微細な金属の厚みの違いを手先の感覚で感じ取ることができるようになります。

一方、宇宙では重力に負けずに歩くという能力をすぐに失ってしまうのです。

人間の高い能力は努力を積み重ねの結果獲得する物です。それは苦しい訓練の結果獲得するものです。一方、体は楽をするとその能力を短期間で失うってしまうのです。

このことは、日頃心しておかなければ恐ろしいことです。
楽をするということは、人間の基本的な能力が失われかねないということです。
あなたは、高い能力を獲得や維持する努力をしていますか?それとも何かの能力を放棄していませんか?

|

« 第39回 日本伝統工芸近畿展 | トップページ | 竹藪の管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/48563133

この記事へのトラックバック一覧です: 高性能でも怠け者な肉体:

« 第39回 日本伝統工芸近畿展 | トップページ | 竹藪の管理 »