« 竹藪の管理 | トップページ | バイオリニストは歌う »

ハヤブサに涙

 小惑星イトカワからハヤブサが地球に戻り任務を全うしました。打ち上げた頃から関心を持ってみていました。節々で不具合が発表されてたり、行方不明になったり、エンジンが止まったりという心配な情報が入ってきました。しかし、それを乗り越えて復旧する姿というのはけなげささえも感じました。
 もちろんそこには、地球で管制しているスタッフの知恵と努力があったからだろうと思います。一般の国民からすれば、エンジントラブルの時にも、残った部分をつなぎ合わせて復旧させたという報道を聞くと、遠く離れたハヤブサにどのようにしたらそんな操作ができるのか不思議で仕方ありませんでした。
 そんな傷だらけで、地球に帰ってきました。うまくとれたかどうかわからないカプセルを大事に任務を全うする姿は、新聞やテレビその他で語られているように、機械とは思えない感情がわいてきます。
 傷だらけになって、どんなにがんばって地球に戻ってきても、ハヤブサは日本には帰ってくることができないというところにも悲しい物語を感じずにはいられません。大事に持って帰ってきたカプセルと、最後の力を振り絞って撮影した地球の映像を残して燃え尽きてしまいました。そのカプセルが見つかったのがアボリジニの聖地というところにも何か物語りめいた物を感じます。

 先日、ラジオで小学生の女の子がハヤブサががんばって帰ってきて最後に燃え尽きるという話を聞いて泣いて泣いて、書いたというハヤブサへのメッセージが紹介されていました。私もそんな心境です。

|

« 竹藪の管理 | トップページ | バイオリニストは歌う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/48632240

この記事へのトラックバック一覧です: ハヤブサに涙:

« 竹藪の管理 | トップページ | バイオリニストは歌う »