« 長宗全籠作成中 | トップページ | 庭の住人 »

長宗全籠作成中2

P100904 長宗全籠のその後です。
四隅に当てた竹を藤蔓でかがったところです。竹を当てるまでは籠の口を急につぼめてしまったことを悔やんでいました。でも当ててみると、案外いい形にまとまったかなと思います。

遠くから見ると結構よいのですが、よく見ると、ひごにヒビが入ってしまっています。これはひごの厚みが一定になっていない部分があり、薄くなっている部分に力がかかりすぎたためだと思います。おしい。次への課題とします。

次に、底にしの竹をあてます。この休みにやってしまいたいのですが、用事が色々とありまして、できるかどうか・・・。ぼちぼち楽しんで作ります。
その後は、手をつけるのですが、教室の教材では長い藤蔓でかがっていたのですが、私の手元に長い藤づるがありません。何か、別の形でかっこいい手はないかと考えています。


過去の長宋全籠の記事

|

« 長宗全籠作成中 | トップページ | 庭の住人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/49351533

この記事へのトラックバック一覧です: 長宗全籠作成中2:

« 長宗全籠作成中 | トップページ | 庭の住人 »