« 初日の出 | トップページ | らくだミルクチョコレート »

京都に初詣

 正月も3日になり、親戚の行き来も落ち着き、京都に初詣に出かけました。
 場所は兎をまつっているという岡崎神社。小さな神社なので混んでるだろうなと思いつつ。果たして、すごい列。神社から外の歩道へ100m位超えるであろうと思われる列が出来ていました。

 並んでいるのも時間がもったいないのでやめました。神社の脇の道に、お寺の参道とかかれていたのでそちらに行ってみることにしました。

 予備知識もないので、どんな寺院であるかもわかりませんでした。民家脇の細く緩やかな石段を上っていくと、墓地にでました。そこを抜けると、大きな寺院の建物が見えてきました。途中にあった地図をみると、その地域一帯が寺に関係する建物が広がる地域であることがわかりました。寺の名前には聞き覚えがある程度でしたが、こんなところにこんな大きな規模であるとは全く知りませんでした。

Tera20110103_2 金戒光明寺、法念上人をまつる浄土宗のお寺。宗派が違うので、どうかなと思いつつせっかくなので、参拝させていただきました。高台にある本堂から大きな山門の方角を見ると、雪をまだ残す寺院の建物の屋根越しに、平安神宮の大きな朱の鳥居とその右手に京都タワーが晴れわたる空にくっきりと見えていました。

Tera20110103_1 京都の人は、大晦日にお寺に参拝し、お正月にはこないのでしょうか。それとも、名の通った寺社に他の地域から多くの人が押し寄せるのでしょうか。
つんと張りつめたような新春の冷たい空気と静寂。喧噪の繁華街や初詣の人混みを見下ろすようにひっそりとたたずむ荘厳な寺院。本当の京都の寺院の姿を見たような気がします。

Tera20110103_3  参拝客がまばらなその様子は、正月の京都の寺院にいることを忘れさせるくらい穏やかで、心が安らぎました。年の初めに心が洗われた心持ちです。
そういえば、秋に紅葉を見に行った時、立ち寄った画廊の奥さんが、紅葉の時期をはずしたお寺の方がいいとおっしゃっていたのを思い出しました。

ここにきて、静寂に包まれた寺院で、心静かにゆったりと手を合わせる中、初詣で列に並び、人混みにもまれて参拝することが何か、異質なことであるような気持ちになりました。
京都の寺院の奥の深さをしみじみと感じました。

(2011.1.3記)

|

« 初日の出 | トップページ | らくだミルクチョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/50561445

この記事へのトラックバック一覧です: 京都に初詣:

« 初日の出 | トップページ | らくだミルクチョコレート »