« 京都に初詣 | トップページ | ポメラツールpbl.xls「設定項目追加など」 »

らくだミルクチョコレート

Cam20101219_1 随分と前の話となりましたが、夏のフランス旅行で立ち寄った、ドバイ空港の土産物売場で、ラクダミルクチョコレートを買いました。ラクダの形をしたラクダミルクのチョコレート。空港でみて、とても引かれるものがありました。

Cam20101219_4 Cam20101219_3 金色の銀紙で、ラクダの顔も結構リアルにかかれています。ここでしか手に入らないもの。まさに、土産とはこのようなものです。ここで手に入れなければもう、食べられないかもしれない。帰りに絶対買うと、行きのトランジットの際に決めていました。

Cam20101219_2とはいうものの、帰ってからは冷蔵庫で眠っていました。猛暑の日本。なかなか食べる気分になりませんでした。それに、何かこの愛嬌のあるチョコレートを壊して食べてしまうのがもったいないようのな気がしていました。

しかし、そろそろ、食べないといけないなと思い、このたび、食べてしまうことにしました。ラクダミルクです。一体どんなものなのでしょうか。

Cam20101219_5Cam20101219_7構重量感のあるものです。まず、ラクダの絵の書いた銀紙をはずしてみます。なんと中から出てきたのはちゃんとラクダの顔が書き込まれたチョコレート本体。手を抜いていません。きちんとしたラクダチョコでした。

  Cam20101219_8     Cam20101219_6                     
                                                                                                                                                                      

Cam20101219_9 さらに、食べるにはしのびないのですが、割ってみました。すると、中は予想通りのがらんどう。しかし、このチョコ、めちゃくちゃおいしい。簡単に手にはいらないという思いが、さらに美味しくさせます。いや、そんなのではく、本当においしい。

パリで買ったチョコレートも、これほどの満足はありませんでした。ドバイに行かれた際には、ぜひ買ってみてください。私におみやげを買ってきてください。

そうそう、ドバイというと、空港内にあったジュースバーもおすすめ。フライトで疲れた体にとてもおいしい。米ドルは使えませんので注意。空港内の両替所でディルハムに交換できます。日本でありがちな真空パックの封を切って入れるというようなことはありません。目の前でスイカやイチゴがジューサーに放り込まれていきます。まさしくフレッシュジュースです。このとき注文したのは「ストロベリー・ヘブン」。長いフライトで疲れてたのでその名にふさわしいジュースでした。ドバイ国際空港にお立ち寄りの際には是非お立ち寄りください。

この記事は2010/12/20に書きました。


過去のドバイ関係の記事

|

« 京都に初詣 | トップページ | ポメラツールpbl.xls「設定項目追加など」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/50569936

この記事へのトラックバック一覧です: らくだミルクチョコレート:

« 京都に初詣 | トップページ | ポメラツールpbl.xls「設定項目追加など」 »