« ポメラツールpbl.xls「文字数制限の警告」 | トップページ | 二大政党制なのに。 »

”磨き”覚え書き

”磨き”とは染色や漆を塗るときにきちんと染まったり塗れるように、竹の表面の油分の層を取り除く作業です。
専用の道具(せん)で削ります。いろいろな形状の道具があるようですが、今回教わったのは、鉈のようなもので若干カーブのあるものでした。使う度に刃こぼれがないように、きれいに研いでおかないと綺麗に仕上がらないということです。

(1)竹の片方を台にのせ、反対側には滑り止めの濡れ雑巾の上に置く。竹の上に座布団をのせ、座り竹を押さえる。

(2)磨きせんで竹を磨く。刃先が後から就いてくる感じで手前から奥へ。奥から手前へと往復させていく。一節ずつ行う。竹の端ではきちっと止める。段ができるくらい。(あとで節をとるときに楽。この段に刃をひっかけて節をとる。

(3)油分の表皮を削り取る。白い部分が残らないように。削りすぎると、ひごのいい部分まで削れてしまうので注意すること。均一に油分のある表皮のみを削り落とす。

(4)節は、株の方から末の方に向けて削り落とす。段のついているところから、節の上の部分を目指して削る。一周すると、次に末の方から削り落とす。

(5)竹の両端を切り落とす。切る部分は節に向けて広がっていく部分の手前。広がっていると裏すきをする時に引っかかって面倒なため。

(注意)
”磨く”時には、みがきせんの刃をきれいに研いでおく。刃がこぼれていると、表面がきれいに仕上がらない。なれないうちは仕上げに400番のサンドペーパーで磨くとよい。

|

« ポメラツールpbl.xls「文字数制限の警告」 | トップページ | 二大政党制なのに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/50679252

この記事へのトラックバック一覧です: ”磨き”覚え書き:

« ポメラツールpbl.xls「文字数制限の警告」 | トップページ | 二大政党制なのに。 »