« 教材番号36「落ち葉籠」 | トップページ | 未来を語らない政治家。議論しない議員。 »

教材番号37「麻の葉編み手付き花籠」麻の葉編み苦戦。

Asanoha110213 新しい教材は、麻の葉編みの籠。麻の葉編みはずいぶん前にやったことがあるのですが、すっかりと忘れてしまっていました。予習もしていなかったので悔やまれました。
とはいえ、前回の麻の葉編みと、今回のものは少し編み方が違いました。前回は、真ん中に六ツ目が残っていたのですが、今回は一番最初にその六ツ目をつぶしてしまいました。そしたら、どこがどうなっているのかが検討がつかなくなり、どのように手を着けてよいのか全くわからなくなってしまいました。
久しぶりに、学生時代の数学の時間、何をどうやったらいいのかわからないまま、授業が進むという嫌な感じがよみがえりました。

しかし、先生が少し実際に編んでくださっているのを見ているとパターンがわかってきました。なるほど、単純なことだったのです。六ツ目をつぶしたひごは最初から最後まで、上下のひごに挟まるのです。だから、それを意識して後は三角を作るように編んでいけばよかったのです。真ん中をずっと通っていくので、足していくひごは必ず、上から始まる場合と、下から始まる場合の2通りあります。右側の真ん中を通るひごが、上から始まる場合は左側は下を通る。そしてその間は右流れと左流れの間にはさんで、組み替える。その作業をしていけばよかったのです。
なんでもない作業だけど、わからなかったら全然手足がでませんでした。

|

« 教材番号36「落ち葉籠」 | トップページ | 未来を語らない政治家。議論しない議員。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/50863186

この記事へのトラックバック一覧です: 教材番号37「麻の葉編み手付き花籠」麻の葉編み苦戦。:

« 教材番号36「落ち葉籠」 | トップページ | 未来を語らない政治家。議論しない議員。 »