« ポメラツールpbl.xls「一覧表のファイルサイズ欄表記変更」 | トップページ | 京大批判に垣間見る「消費者意識」 »

京大批判に思う

京大の入試で携帯電話を使ってカンニングした受験生が逮捕されました。新聞を見ていると京大の対応を非難するものが多く見られます。この反応に違和感を覚えます。

この事件は単なるカンニング行為ではありません。ネットという通信技術を使った新しい形の”替え玉入試”です。本人は受験会場にいて、回答者は外にいる。単純なカンニング行為ではありません。過去の替え玉事件では逮捕者も出ています。

そもそも京大を非難するという行為自体がおかしい。なぜ悪いことをした者をかばい、京大を攻めるのでしょうか。非難の中には、「カンニング程度でかわいそう」とか「そもそも試験監督の態勢が甘い」「カンニング程度で逮捕者の人生を変えた」というもの。

私は京大を非難している声のようなものが、世の中のモラル低下を招いている根本であると思います。場合によっては身に覚えのある方々なのかもしれません。

大多数の受験生は、まじめに自分の力を出し切ろうとしています。定期試験でのカンニングではないのです。多数の受験生はまじめに人生を賭けて試験に臨んでいます。そんな中、他人に回答を任せているという行為がなぜ「カンニング程度」で片づけられるはずがありません。

一方、京大の監督体制ですが、性善説で受験生を信用しています。受験生にとっては試験監督が犯罪者を見る目で、まるで刑務官のように目を光らせている中での試験を望んでいるのでしょうか。私ならそんなプレッシャーの中での試験は耐えられません。何もしてないのに、疑いの目を向けられるかもしれないのです。

悪いのは不正をはたらいた本人です。”替え玉受験”で乗り越えようとした行為です。
その行為を大目に見て、京大の対応をせめるというのは筋が違います。大多数のまじめな受験生に失礼です。

別の例にたとえるならば「監視態勢が甘いスーパーで起こった万引き」この場合、犯人を逮捕したらかわいそうとして、万引きを誘発したスーパーが非難されるのでしょうか。
また、「畑での野菜泥棒」この場合も、監視していなかった農家が非難されるのでしょうか。法律以前に人のものをとってはいけないというモラル。それを犯す人が非難されるべきと私は思います。

もし、京大の事件で、世の中の要望があるのならそこは、監督を増員し牢獄のような監視態勢とればいい。電波遮断装置を教室に配置したらいい。しかし、大学の予算は研究、教育のためにあります。試験対策に大量のお金をつぎ込んで欲しくはありません。
おそらく通常の試験でも同じ事は起こるでしょう。予算は試験対策費として、受験料、授業料に上乗せしていけばいいと思います。個人的には、性善説に経って欲しいのですけれど。

|

« ポメラツールpbl.xls「一覧表のファイルサイズ欄表記変更」 | トップページ | 京大批判に垣間見る「消費者意識」 »

コメント

我が国が核攻撃を受けたらどのような事態が発生するか。
我が国の原発が大事故を起こしたらどうなるか。
疾走する弾丸列車が脱線事故を起こしたらどのようになるか。

悪夢は見たくない。いつまでも能天気でいたい。
天下泰平の気分を壊したくない。

自分に都合の良いことだけを考えていたい。
それ以外の内容は、想定外になる。
もしも起こったら、びっくりする以外にない。

日本語には時制がないので、未来時制もない。
未来の内容を鮮明に正確に脳裏に描きだすことは難しい。

危機管理は大の苦手。
だが、犯人捜し・捕り物帳なら大好きである。毎日テレビで見ている。

問題を解決する能力はないが、事態を台無しにする力を持っている。
親分の腹芸か、政党の内紛のようなもの。
今回の事件はわが国の国民性を色濃くにじませている。

投稿: noga | 2011/03/06 19:25

nogaさんコメントありがとうございます。
カンニング行為が国家の危機管理のなさや、政党の問題、ましてや日本語に未来時制がないから起こるというnogaさんの論理は飛躍していると私は思います。カンニングは、外部に回答者を用意して行われています。とても悪質です。これが国民性のはずがありません。

さて、nogaさんがおっしゃっている、国家的な危機が現実のものとなってしまいまいた。確かに政府は原発事故に対して少し後手に回ったという感じはしますが、対応に当たる方々は必死でがんばっています。任務を遂行するため命がけです。しかし、一部マスコミや、野党は「犯人捜し」をしている節も感じます。

一方、地震で被災された方々の姿はどうでしょうか。悲しみ、苦しみを抱えつつ耐え、共に乗り越えていこうとされています。海外では災害の後暴動や略奪が横行するところが、日本ではそれほど大きく発生はしません。水や食料の提供にもきちんと並び混乱は起きない。これが日本の本当の国民性であり、海外からみても特異で、だからこそ評価されているのだと思います。

未来時制がある国の混乱と、ない国の秩序。
未来を明確にすることにより無用な不安が起こり、社会の混乱を招く英語圏。一方、未来が明確に出来ないから、未来よりも現状を判断しひとつずつ解決し乗り越えていく日本。確かにnogaさんの理論は一理あるのかもしれません。

投稿: 幸雲 | 2011/03/21 08:40

nogaさんのコメントを改めて読んでみたら

>天下泰平の気分を壊したくない。
>自分に都合の良いことだけを考えていたい。
>それ以外の内容は、想定外になる。
>もしも起こったら、びっくりする以外にない。

この部分。原発の災害の想定というのはまさにこのとおりですね。「想定外でした」最悪を想定せずにコストと折り合いをつけた想定だったのではないでしょうか。

投稿: 幸雲 | 2011/04/15 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/51049625

この記事へのトラックバック一覧です: 京大批判に思う:

« ポメラツールpbl.xls「一覧表のファイルサイズ欄表記変更」 | トップページ | 京大批判に垣間見る「消費者意識」 »