« 震災報道で感じる違和感 | トップページ | 節越えせん引きの使い心地 »

人の移り気、梅の芽吹き

Ume20110419 春を告げてくれた梅は、すっかりと花を散らし、所々に枯れた花びらをつけながら、若葉が芽吹き初めています。人の気持ちは浮気なもの。桜が咲けば梅を愛でる人もありません。誰にも省みられなくても、梅にとってはこれからが本当の活動の季節。喜びに満ちた梅は日々を淡々と重ねていきます。

震災を思う気持ちも、人々の心から一時の流行のように忘れ去られないことを願います。被災地の子供たちが夢をあきらめないように。夢に向かって行けるように。

「移り気な 人に見向きはされずとも 伸びするごとく梅芽吹きゆく」幸雲

2011/04/19記

|

« 震災報道で感じる違和感 | トップページ | 節越えせん引きの使い心地 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/51466026

この記事へのトラックバック一覧です: 人の移り気、梅の芽吹き:

« 震災報道で感じる違和感 | トップページ | 節越えせん引きの使い心地 »