« 祝30万アクセス | トップページ | 「四つ目編みの籠の花籠」立ち上げ完了 »

あせった話

仕事帰りに、なんか疲れてたので気分転換に喫茶店に行きました。注文をすませ新聞を読んでるとふと頭をよぎるものがありました。
「あ、そういうたら、財布にお金いくらあったかな。」
私はチェックしようと鞄から財布を出そうとしました。
「がーん。ない。」
そうだ。土曜日にお金おろしに行くのに別の鞄にいれて、その後入れ替えた覚えがない・・・。

そうだ。この店はJRの定期のプリペイドカードが使える。確かこの前1000円ちょっと残金があったはず。とはいえ、確信がない
「足りなかったらどうしよう」

そうだ。小銭入れにいくらか入ってあったはず。
「がーん。10円だ。」

そうだ。こういう時のために緊急事態用のお金を入れていたはず。
「あったぁ。入ってた。」

危うく、休憩した気分にならないところでした。
結局プリペイドには1000円ちょっと残っていました。よかったよかった。

|

« 祝30万アクセス | トップページ | 「四つ目編みの籠の花籠」立ち上げ完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/52307686

この記事へのトラックバック一覧です: あせった話:

« 祝30万アクセス | トップページ | 「四つ目編みの籠の花籠」立ち上げ完了 »