« 大阪マラソン見学 | トップページ | 田辺小竹の世界~竹工芸の伝統と現在アート展 »

野の花(20111030)

道ばたに咲く花も随分と少なくなってきました。これまでから咲き続けている息の長い花もあれば、秋も深まりつつある中で新たに目にする花もあります。

Hana111030_1 民家近くには、昔から柿の木が植えられていました。今のように甘い物が多くなかった時代。柿の甘さは大切な秋の恵みであり、貴重な副収入を与えてくれるものだったのでしょう。しかし、今はとる人も少なく、食べきれないので、鈴なりのままの木がたくさんあります。鳥たちが喜ぶことだろうと思います。

Hana111030_4 この花は最近見かけるようになりました。まだ、つぼみなのでしょうか。先端が少しピンクでなかなかかわいい感じです。


Hana111030_3 この花は、私が好きな野菊のようですが、いつも見ている物とは違い、花びらの長さが少し短いように思います。



Hana111030_2 このほんのりピンクがかった紫の小さな花はとてもかわいい形をしています。ぱかっと蓋を開き中から蝶々を出したように見えます。



Hana111029_1 この青い花も小さくかわいいです。

Hana111030_5 黄色くて丸い花もありました。以前からあったのかな。

Hana111030_6 このピンクのつぶつぶの花は、夏の間からずっと咲いています。息が長いですね。

Hana111030_7 放射状に葉をのばす見かけない草がありましたので写真を撮りました。下の葉と重ならないように葉が配置されています。最近目につきました。今までからあった草の冬に備えての姿なのかもしれません。実際はよくわかりません。

|

« 大阪マラソン見学 | トップページ | 田辺小竹の世界~竹工芸の伝統と現在アート展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/53123253

この記事へのトラックバック一覧です: 野の花(20111030):

« 大阪マラソン見学 | トップページ | 田辺小竹の世界~竹工芸の伝統と現在アート展 »