« 犬塚勉展-純粋なる静寂- | トップページ | 教材番号40番「網代箕」枡網代 »

籐こなし

Take120204_1 縁をかがる皮籐を作るため、籐の表面をはがす作業をしました。「籐こなし」というそうです。この作業をしておかないと、漆を塗ったときにうまく染まらないということです。

ヤスリの角を使いながら全体をはがします。次に細かいヤスリを平面に使い、削り残しと最初のヤスリの傷を消しながらかけていきます。この時には少し力を入れてこすりました。あまり削りすぎると弱くなってしまうので、加減が難しいところです。

 節の所は段になってるので削り残しなどが発生しやすいので、半丸の小さなヤスリで落としていきます。そして、紙やすりを使い仕上げます。今回使ったのは320番と400番。

しかし、この作業は粉だらけで真っ白になります。マスクがなければくしゃみが連発しそうでした。次回は割ってひごにするのですが、これが難しいそうです。籐は、半分に割ったことはあるのですが、それすらも怪しいものでした。

Take120204_2 今日は先生のお弟子さんに借りたヤスリを使いました。金属用のヤスリです。私はホームセンターで買ったのですが目が粗くもう一つでした。今日仕上げに使ったものは、単目の細目のヤスリ。先生が使ってみて「使いやすい」とおっしゃっていたので、早速申し込みました。

完成が近づいているのですが、なかなか道は遠いです。
ひとつひとつ丹念に丁寧に作っていかねばならないのですが、どうも途中で気が緩んでしまいます。反省。

余談
今日は生徒の一人の方が、趣味でなさっている三線を歌と共に披露してくださいました。とてもすばらしい歌声でした。楽器ができるというのはいいですね。

|

« 犬塚勉展-純粋なる静寂- | トップページ | 教材番号40番「網代箕」枡網代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/53903777

この記事へのトラックバック一覧です: 籐こなし:

« 犬塚勉展-純粋なる静寂- | トップページ | 教材番号40番「網代箕」枡網代 »