« ほたる | トップページ | 染色準備と落とし »

ツバメ受難

ツバメの巣が何者かに襲われました。
今朝、玄関の前に何かが落ちていました。見るとツバメのひなでした。すでに翼は黒く、巣立ち間際のひなです。巣がそのまま残っていたので、猫ではなく蛇かもしれません。

 難を逃れて飛び出した小さいひなが玄関先の電線にとまっていました。親鳥がそのひなに餌を運んでいる様子がどことなく寂しげでした。毎朝にぎやかだった巣に悲しさがあふれていました。

 しばらくして見ると電線には4羽のツバメが止まっていました。どうやらひなは2羽が助かっていたようです。親鳥はひなたちを誘導して電線にとまらせ4羽仲良く止まっていました。どことなく悲しげでした。

 自然はなかなか厳しいもです。かといって蛇も生きるのに精一杯なのです。誰もせめられない・・・。せめて、もう少し蛇対策に気をつけてやればよかったと思うのみです。

 夜になっても、ツバメの親子は巣には戻りませんでした。以前同じような状況にあった時には、しばらく近くの電線に留まっていたのに・・・。夜から雨。どこか雨のかからないところでしのいでくれているといいけれど。

|

« ほたる | トップページ | 染色準備と落とし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/54974907

この記事へのトラックバック一覧です: ツバメ受難:

« ほたる | トップページ | 染色準備と落とし »