« 錆び付け | トップページ | 一人旅の友はポメラ »

夜と朝の狭間で

Tuki20120902_1 満月の夜・・・。夏の終わりと秋の始まりが重なり合う季節。少し前まで明るかった、夜明け前の午前5時。
犬を連れての散歩をします。誰もいない空間で、やさしい月光に包まれる贅沢な時間。
やがて東の空が白み出します。

「満月のピンポン球を転がして 愛犬と遊ぶ 日が昇るまで」 幸雲 

|

« 錆び付け | トップページ | 一人旅の友はポメラ »

コメント

朝夕少しずつ涼しくなって、日がだんだん短くなって、
秋が近付いてきていますね。
この満月は、8月の終わりの日のものでしょうか。
「ブルームーン」の月は美しかったですね。

投稿: hanano | 2012/09/08 14:58

hananoさん。コメントありがとうございます。
満月と言っていますが、実は写真の月は8月の終わりの満月の一日後の月です。

満月の日はカーテンを閉めずに寝ていて、4時位に西の窓から差し込む月の明るさで目が覚めました。写真を撮ろうとしたのですが、その時は上手くとれませんでした。

投稿: 幸雲 | 2012/09/09 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41440/55596664

この記事へのトラックバック一覧です: 夜と朝の狭間で:

« 錆び付け | トップページ | 一人旅の友はポメラ »